青きドナウはウッソォ〜だった 

アクセスカウンタ

zoom RSS (133) 軽くウィーン少年合唱団

<<   作成日時 : 2015/12/05 01:49   >>

面白い ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 38

今回はオールドファンだけじゃなくて現役のウィーン少ファンの為かな。

これは昨日、12月3日にドイツのテレビで放映されたショーの一場面です。
画像
来年はこのシューベルトコーアが日本公演をするんですって?

今日の記事は私にはウィーン少年合唱団の記事のつまみ食いってところかな。

おっと、その前にいつか記事(125)でシャイなコメントの仕方をしてきた方のことを話しましたが、先日また新しくこんなお言葉をいただき、どうにも面白くて仕方ないので載せてしまいます。(クリックで拡大)
画像
この言葉は、グーグルの検索欄に書き込まれた為に私のところに来たのですが、ひょっとしたら普通のコメントが出来ない状態の機械なのかな。
でもこんな形でWSKの我がミーハー的記事への思い掛けない励ましのお言葉をいただくのも、何だか強い印象を受けますわいな。
ひょっとしてすごく聡明なブログの持ち主で、私のところには頭をほぐす為にやって来るものの、コメントを書くにはこっぱずかしくて、こんな悪戯をしたとか。
どうあれ、ここで改めて、私の見知らぬ仲間にありがとうを言います 
ostern-0100.gif von 123gif.deさて、この方だけのお言葉に影響されたわけでもないのですが、またもや懲りずに、新しく書きたいウィーン少年合唱団の記事が幾つか出てきちゃったんですよね。

昨日の放送はドイツのクリスマス番組の一部ですが、舞台はホーフブルク宮の大広間からですって・・・・なんて素敵なんでしょう。
ブルックナーコーアのデニス君のママがここのお掃除をしながら、ここで行われる宴会に参加することを夢見ていたとか・・・・わかるなぁ。
画像

それに、出演したウィーン少年合唱団に、なんと私の知っている懐かしい顔が出ていたのですよ……と言う事は、2013年の12月に聞いたシューベルトコーアに、まだ残っていた4人が成長して出ています。
画像
画像
上の写真では東洋の眼鏡少年の横にいるのはイマヌエル君なのかな?

このガバッと開いた胸の女性歌手に肩を抱かれたときは嬉しそうにニヤつく思春期の少年になっていました。

見て、この表情・・・ウフフ。

この人のほのかな香水の香りを忘れないで何時かの記憶に残るのかな。

画像
正に天使のようなこの子は2013年当時のエマヌエル君ですよね。

画像
あらら、ルーカス君がいつの間にかメガネなんて掛けているわよね。
画像
     2015年12月         2013年12月
この時期の少年は2年も経つと外見がずいぶん変わってくるけれど、童顔のルーカス君は目の筋肉だけが変わったのかな。
何だかこの二人、似ている気がするんだけれど・・・単なるお遊びです
画像


ここにはマルコ君とニコ君も映っているけれど、すごく大きくなったなぁ。
画像

画像
これは2013年の時の二人だけれど、マルコ君はそのままね。

でもニコ君なんてすっかり見違えた。

来年の日本公演まで持つかなぁ。

う〜ん、僕も住所が欲しいよ〜って、伸ばした体をテーブルに突っ伏したボクチャンだったのに、今ではすっかり逞しくなっちゃたのね。
                 

画像
此処に新しい顔が出ていました・・・・72年組に初めて会った日は、知らない子ばかりで全然親しみを感じなかったという事を思い出しましたけれどね。
でも・・・・・・ここには4人の知った顔がいるし、それに・・・・・・
画像
      ルカの面影を柔らかくしたようなこのソプラノ(アルトかも)の少年が一番楽しそうに歌っていたので、嬉しくなってしまったの。
だって、私はルカのこんな楽しそうな顔なんて見たことが無かったもの。
いっつもしかつめらしい顔つきで、聡明で大人びた少年の印象だったわ。
画像

画像

画像
アッ、ごめんなさい・・・ついこの鳶色の髪の少年にカメラを向けていました。
画像

45分以上も掛けて彼らが歌っているたった2分半の動画をYouTubeにアップロードしたら、著作権に反しているので、全世界で公開禁止です、なんてオーバーなメッセージが入ったのでお見せすることが出来ません。
でも、動画はちゃんとPCに入っていて、ジングルベルを歌っています。
最後の写真がその動画で、悔しいけれど見せられないだけ。
とっても上手で、清らかなソプラノの素敵な歌声のクラスです。
昨日の時点では彼らの日本のコンサートは太鼓判を押しますね。

以下の写真は撮った動画からPCの場面を写したので質が悪いですね〜。
画像

画像
やっぱりルカに似てまする・・・・ど〜しましょ、
・・・・と思うだけで、ただ当時を思い出すきっかけが出来て喜んでいます。
画像

画像

画像
画像


そうそう、今年のユーロヴィジョンで歌ったのもシューコアだったんだわ。
   この時はまだ2013年当時の団員達もいたけれど気が付かなかった。


そういえばルカが、自分たちが歌うときは、いつでも誰かがビデオやテープを回していないか、招聘先が厳しく監視していたって教えてくれました。
だから戴いた72年組の歌声はすごく貴重です…ありがとう、メル友よ。

12月8日(火)にはオーストリアでウィーン少年合唱団のこんな番組があるけれどドイツでは見れない・・・・と思うでしょうが12月30日(水)にARDでやるの。
1955年代の舞台のウィーン、10歳の混血少年がウィーン少年合唱団に入って、アメリカ演奏旅行で自分の父親に会う願いを叶えるというシナリオらしい。
画像
でもこれはDVDになって売り出されると言うことですから、みんなも見れるんですね・・・日本語にも吹き替えされるのかな。
後記:それはそうとこの番組の後で流されるのが、色で囲った部分なのですが、これはウィーン少年合唱団のドキュメンタリー番組です。
まさかもうYouTubeに上がっているとは思いませんでした。


ところで、笑うのが大好きなポンタンは、全く自分勝手なブログの為に、ウィ―ン少年合唱団員の可愛い笑顔がふんだんに出てくるこんな動画を見つけてしまったので、いつでも見られるように貼り付けました。

ところでこれって、2006年に来日したハイドンコアのことなんでしょう?

  でもなんで、二回も続けて同じ場面を流しているのかしらね。

ウィ―ン少年合唱団のブログ記事を書いているみんなの中で、私だけがこんなテレビ番組のあった事など知らなかったんじゃないかな。
だって2006年は、私がまだインターネットなど全然訳がわからず、PCなんて触った事もなかった年ですよ。

こんな動画がYouTubeにアップされた事すらも知らなくて、偶然見つけた時はもう嬉しくて全画面にして何度も見ました。
他にもいくつか続きがあったけれど、著作権に触れたとかですべてが消されていました。

すごくおもしろい動画なのに、なんてケチな根性なんでしょうねぇ〜。
せっかくウィーンファンじゃない方もこれを見て楽しめると思ったのになぁ。
(追記;2015年12月15日 メル友からこれを教えてもらいました。
http://www.tudou.com/programs/view/lSd2q6IqXZ8/ )

この動画に写っているホテルって、あの懐かしい高輪プリンスホテルの事かな。
だとしたらぜんぜん感じが変わっちゃって、昔の面影が全く無いわ。
(追記; maaさんのコメントで全日空ホテルだと判りました。どうもあリがとう。)
この二人の芸人は知らないけれど、団員達はみんな好感を持ったようですね。
(追記;はたまたコメントでタレントだと判りました、アドバイスをすみません。)
ホールに響く歌声が、オォ〜、だんぜん素晴らしいじゃないですか
へ〜え、2006年にはこんな子供達が来ていたんですね。
知らない子たちなのに動画を見て、とても好感を持ちました。
それにたった一ヵ月半の演奏旅行なんですって…昔は三カ月もあったのにね。
ましてや、その間に32回もコンサートをするなんて、まるで重労働そのもの。

72年組の通訳だったgillmanさんが、演奏会も終わりのアンコール曲の最中で、多分疲労の為に脳貧血を起こしてひっくり返りそうになった団員が出て、両側にいた少年達が観客に判らないように彼のベルトをしっかり掴んで支え、その少年も最後まで歌い続けていたと言う記事を書いていてくれました。
ルカの歌っている場所とは違うので、これは彼は知らないだろうな。

72年は子供ながらにもまだそんなプロ魂を持ったウィ―ン少年合唱団でしたね。
果たしてその根性は今の団員の間でもそうなのかしら・・・・・。

ウンウン、2015年のブルックナーコーアの、5月25日のコンサートの様子・・・演奏会のまっ最中に4度の地震があった・・maaさんのブログで彼らがマノロ先生の指揮の元、動じずに歌い続けたと読みました。

少年達が歌い終わった後、先生は天井を見上げて両手を上げた。
それは敬虔なるヨーロッパ人が天界の神に対して感謝する仕草ですね。
突然起こった地震、そして何事もなく無事に終わった事に感謝する。
・・・・ちょっと感動・・・・、やっぱりプロ根性は引き継がれていた・・・。
やはりルカの後輩のクラスだけあるんだわ……この話はまたいつか・・・。

ところで同じ2006年のウィーン少年合唱団の話ですが・・・

2012年から殆ど動いていないホームページの2007年10月10日の記事です。

著作権の問題で記事の内容が詳しく書けないので此処を見てください。

http://www2.netdoor.com/~takano/english2/english2_index.html

このページの「発音」をクリックすると左に長く目次が出てきますが、その中で“あかぺらの話” という題でウィーン少年合唱団のことが書いてありました。
一番面白い内容は取材用での合唱に一曲30万円ほど払うと言う事。
それに一軍、二軍という表現がなんとも言えなくおっかしい。
著者はアメリカに住んで居られるようですが、ウィーン少年合唱団ファンではない人の目から見ると、…こうなっちゃうんだなぁ〜って感じた記事でした。
しかし、自分だってこれと同じようなもんなのに、最後の言葉がガ〜ンと胸を突いてその痛いのなんのったら・・・・・まいったぁ〜 やっぱりまだファンなんだわ。
ところで、2006年のアメリカ演奏旅行に行ったのは何隊?

でも、このページ、余計な知識には随分役立つことが書いてありますよね。
別にこのページの宣伝ではありませんが、一般の人と話すには関係ない面白い事が沢山書いてあって、ついつい最初から読み続けてしまっています。
こんな知識を読んでもすぐに忘れるので、話題にも出来ないのが私なんです。
何とも情けないのですが・・・・・・・トホホ。
・・・・・・・・・・・・・herzen-0045.gif von 123gif.de

追記;2015年12月11日

さて、再度ここを訪問してくださるファンの方にプレゼント。
ウィーンのメル友がこれを見つけてくれました。
ARDの放送では著作権の問題で日本では見られなかったリンクです。
さて、これは見れると報告がありましたが、本当に見れるかな。
http://www.ndr.de/fernsehen/Helene-Fischer-Weihnachten,fischer712.html
(残念ながら決まった時間内でしか見ることの出来ない映像だったようで12月26日にはすでに見れなくなっていました。どうかコメントをくれたりえさんのお友達が見れましたように。)

でもこれって、こちらではDVDで売りに出されてるのを知りました。
・・・・ピッピがウィーンの友人にプレゼントにもらったって
画像


ありゃぁ、わたしゃ〜、知らずにこのDVDの宣伝をしていたのかいな〜。

追記:2015年12月20日
画像

昨日ドイツのテレビで2013年に撮影したウィーン少年合唱団の「Songs for Mary - Film」を放映してくれたんですよ。
とってもメルヘンチックで快い歌声だったので、わっ、ウィーンファンのブロ友に見せたいって思ったら、maaさんがもう日本でもDVDを見れるんですって。
画像


記事の85でこの写真を載せようと思ったら、もう余白が無くてだめでした。
シューコアの何人かがわざわざこの場面だけのためにこの氷洞窟に来たのね。

今年最後の追記です。12015年12月24日:
画像
あ〜ぁ・・・・
ルカに似ていると思った少年は
この写真ではほとんど似ていませんでした。
それにこの少年呼び名はルカではなくて
バスティアン君だそうですよ。
やっぱり偶然はありませんでしたね。

画像
それに気が付かなかったけれど
この二人も残っていたんだ。

でも、此処でどこにいるのか
トリスタン君はわからない。





あれ、それにニクラス君も今は
眼鏡かけてますね。





どうしてもプログラムの顔と一致しないトリスタン君なんだけど・・・・。
ひょっとしてクリストフ君と間違えているかもしれないな。
画像
・・・・しかし、私は何をやってるんだろう・・・ただの気紛れで始めたのに、結構乗ってしまったじゃないか。

2015年12月25日
へばりつき病の今年の最後の症状ですからね。
今、ちょうどこのコンサートの放送が終わったところです。
どうせ、これもYouTubeに載るのでしょうが、シューコアでしたよ。
画像
だって、ルカと似ている気がしたバスティアン君が左の前列にいるものね。
画像

画像

画像

さて、この子たちこれで合っているかな。
画像
maaさんからの忠告で右上の子はブルコアのロベルト君ですって。
もう、全然知らない子ばかりなので、かなり間違っていそうです。
画像

最後にバスティアン君が載っていたフェイスブックからのおまけ
画像

これ以上載せると余白が無くなってこのページが真っ白になります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(38件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しい記事でした。まずponkoさん、日本のTV番組の二人は芸人じゃないの。ちょっとトシとったけれど一応歌って踊れるアイドルです。私はモーツァルトヘアのイノッチが好きですよ。
この番組は毎週見ていました。ハイドンコア可愛かったです。当時オチビのルーカス君があまりに可愛くて、携帯の待ち受け画面にしていました。ここは全日空ホテルですね。
WSKの二軍の話はなるほどと思いましたが、最後の文章は確かにですね。
ドイツの番組の画像を載せて下さってありがとう。今までたいていの番組はアップできたのに残念です。日本のファンは、海外での演奏がYouTubeに上がるのを皆楽しみにしていますもの。このメンバーが来年日本に来るのかしら。
ひとつお願いがあります。上から3枚目の画像をお借りできませんか?私のブログでこんな番組があったそうですと書きたいです・・・。
ponkoさんは無意識にルカ君の面影を追っているみたいですけど、そんな気持ちは皆持っていると思います。私もそうよ。ウキキ←ponko笑い
maa
2015/12/05 16:05
楽しく読んでくれてありがとう。
あ、この男性たちは歌手だったのね。
消された動画でしたがイノッチと言う人は私も大好きになりました。
あかぺらの記事を読んでくれたのね。
私たちにはちょっとドカンと来るわよね。
此処の写真がmaaさんの堅実なブログ記事に使っていただけるなんて栄誉ですよ。
色が青みがかってしまってごめんなさいね。
動画ばかり撮っていたので写真はこんなに少なくなってしまったの。
maaさんの心の団員に似ている少年はなかなか見つからないわ。
やはり世界に一人しかいない子なのかな。
ponko310
2015/12/05 19:06
あはは・・・
maaさんのコメントの重複になりますが、動画の二人はV6というジャニーズアイドルグループの歌手ですね。私もこのグループ大好きで、何度もコンサートに行ったことがあります。
今年は20周年なので、この合唱団の出たバラエティ番組「学校へ行こう」という、V6が出演していた番組の懐かしい映像がかなり出回っているようです。
ちょっと続きが気になりますね〜、なぜだかわかりませんけど、youtuberの中には、動画を繰り返し二回分アップする方、たまにいます。お寺で歌ってるところが見たいのになぁぁぁ

デイリーモーションや、中国の動画サイトのヨウクなんかだとたまにあったりしますが・・・続きがあったら探してみます
ねぎ
2015/12/05 20:22
わぁ、ねぎちゃん。
この動画の続きがぜひ見たいのよ〜〜〜。
本当に面白かったんだもの。
私もお寺でのコーラスが聞きたかったな。
でも、こちらでは日本で見れてドイツでGEMAの著作権にひっかっかって見れない動画が沢山あるの。
にっくきGEMAがJAMA(邪魔)だわ。
ponko310
2015/12/05 20:58
外国生活が長いponko様にとってはアイドルを知らないのは当然の事かも。

このテレビ見た記憶あります。お寺で歌っていた記憶も残ってます。WSKがテレビに出るのは滅多にないので気合を入れてみていました(笑)この頃からWSKは多国籍になっていたようです。この番組かどうか不明ですが日本人団員へのインタビューはドイツ語でという注文(先生が日本語が分からないから)でインタビアーが日本語で質問し日本人団員がドイツ語で答えていてちょっと笑えた。
越後の雪椿
2015/12/05 22:27
えへへ、私はこちらのアイドルも知らないような世間知らずなんですよ。
どうも有名人って興味が無くてね。
越後の雪椿さんもこの面白い動画を見たのね。
気合が入ったのは同感できますよ。
私も消される前は何度も見て、その度にゲラゲラ笑ってました。
ウィーン少も国際化したのでこれはいろいろな国の通訳が必要なんじゃないかな。
でもまぁ、一応みんなドイツ語がわかるから一件落着でしょう。
ponko310
2015/12/06 00:40
私もとっても楽しく読ませて頂きました
またウィーンにも行きたくなったよぅ
V6もいいけど‥私はやっぱりTOKIOが大好き
なんて
クリスマスシーズンですねぇ
サンタさん来ないかなぁ‥
bububa
2015/12/07 18:45
bububaさんは極楽トンボでいいなぁ。
私はV6もTOKIOも知らないよ。
でも自分が夢中になれるものがあるだけでも喜こべる事よね。
ウィーンにはまた来年行くかもしれないわ。
そうしたらようやくウサギちゃんに会える。
ponko310
2015/12/08 00:37
この放送はORFでもあったのね。気付かなかった。(ま、知っててもおそらく観なかっただろうけど。)
この王宮のSaalは、舞踏会で入ったことあるわ。礼拝堂のある旧王宮でなく、リング通り沿いの新王宮の中にあるの。
YouTubeのHarry Potterに似てるのは、彼らが指した子じゃなくて、その前(12秒目)に映ってた2列目の子のがダニエル・ラドクリフに似てると思ったわ。
「あかぺら」のお話しは面白いね。研修中の子と言ったら、Elevenのこと?でもセーラー服来てたんでしょうから違うわね。単に違うChorのことなんでしょうね。1曲で30万って、おそらく最低が30万円だったんでしょうね。確か30分でもそのくらいの値段のはずだから、もっと歌ってもらえばよかったのにね。
Pfirsichchen
2015/12/08 03:08
Pfirsichchenさん
この放送はやっぱりあなたの観るタイプじゃないと思いながら見たけれど、やっぱりそうだったか。
実は私のタイプでもなっかったんよ。
だけれど、ウィーン少年合唱団が出ると読んだので見ただけ・・・・・そしてルカに似た子を見つけた。
それに楽譜なしでとてもきれいに歌っていたわ。
モミの木の歌のハミングは鳥肌が立ったもの。
あかぺらのお話も面白いけれどあなたの意見も面白いわ。
もっと歌ってもらえばよかったのに・・・なんて、気軽に言うんだもの。
なんだか、あなたが言ったら歌ってもらえるのが可能な気がしてきたわよ。
ponko310
2015/12/08 09:21
いやぁ〜楽しめました♪楽しめました♪
彼らが披露していた曲は昔レコードで持ってましたよ!
夜よりも朝に聴いてました。
V6の番組、少し前にも「学校へ行こう」のスペシャル版で
まさかのWSK登場があり、私にとってはちょっとしたサプライズでした。
はっぴー
2015/12/09 10:23
はっぴーさん
楽しいことは何事にも良いことじゃ。
2006年なんて、私は新しい猫達が来て、そっちに夢中になっていたわ。
ウィーン少年合唱団なんて、もうすっかり頭から無かったのよ。
そのころネットがあったら、また随分と違っていたんだろうなぁ。
V6って、他の動画でも見たけれど、まさかWSKがこんな番組に出るようになるなんてね。
少年たちも喜んでいたわね、イッキッキ。
ponko310
2015/12/10 00:11
昨夜記事を読ませていただいて、気持ち玉をポチッポチッ☆
私の携帯では、あかぺらの記事にはいけなかったんですが(^^ゞ
今回1番思ったのが、ルカくんに似てる!でした。
ルカくんを柔らかくした感じ、凄くよく分かります☆
楽しそうに歌ってる、っていうのがまた可愛くていいですね♪
YUKARI
2015/12/10 13:25
あのあかぺらの記事が面白いのになぁ。
柔らかいルカは来年日本に行くのよ。
きっとファンが沢山出来るでしょうね。
緊張して制服の裾をしっかり握って歌っているのが何ともいじらしいくて可愛いわ。
どうか日本で素敵な何かが、この少年に起きますように。
ponko310
2015/12/10 20:05
ponkoさん 感謝感謝です。
もう深夜です。クリスマス番組見ていたらこんな時間。
やっと見れました。道のりは長かった。
シューコアの来日がよけいに楽しみになりました。
bububaさんへ・・・私もTOKIOがいいと思います。 コンサートは昔一度行ったきりですが、なんとなくずっと好きです。
maa
2015/12/12 01:42
maaさん
これは昨日ほかの番組で再放送したものなの。
ばんざ〜い、見れて本当によかったわ。
ウィーン少年合唱団は此処では本当にバックコーラスみたいだけれど、とってもきれいな歌声でしょう?
道のりは長かったって、面白い表現が嬉しいね。
辿り着いてよかったわい。
このコメントはbububaさんに伝えておくわ。
ponko310
2015/12/12 01:54
こんにちは。
お願いがありまして…この記事をFacebookでシェアしてもいいでしょうか?オーストリアに住んでいない沢山のファンの方に写真を見て少しでもどういった内容のTVだったのか知ってもらえたらな…と思いまして…。
ponkoさんが気になっているルカさん似の少年、以前、韓国人ファンの方が「彼はルカよ」と言っていました。もし、本当にそうなのであれば、運命的なものを感じますね😳
りえ
2015/12/12 13:01
りえさん
ルカの名前が偶然に一致するのなら、それはまさに私にとってお伽話だわ。
ブログ玉もコメントもありませんが、私のブログの読者は多分、50人から90人位だと思います。
そして、多分静かなオールドファンの方達ばかりでしょう。
私もお願いがあります。
私がこの記事を載せても良いか判断するためにあなたのFBを紹介してもらえますか?
私の全く知らないブログやソーシャルワーカーに自分の阿呆ブログが紹介されるのはどうにもきまりが悪いのです。
それよりも日本語がわからない外国のファンになら此処に載っているTVのURLを教えてあげたほうが役立つのではないかしら?

ponko310
2015/12/12 18:31
ブログ玉を押したけど、反映されませんでした。

おかめねこ
2015/12/12 20:19
おかめねこさん、あちゃぁ、そういうこともあるんですね〜〜〜〜。
でも、せめてブログ玉を一応押してくれたのを感謝します。
アクセス数の割にブログ玉が少ないのって・・・・こりゃぁ〜、かっちょわりい〜〜〜・・・よね、えへへへ。
記事がそれだけの価値に及ばないんだわ・・・・・・・・・・カショーン!!!
ponko310
2015/12/12 21:22
なるほど…。確かにURLを載せた方が喜ぶかもしれませんね。気づきませんでした(^^;; すみません。
りえ
2015/12/13 03:29
....と言うより、私がこんな下にリンクを載せたのが悪かったんですよ、テヘへ。
ウィーンのメル友からも叱られました。
あなたのお友達が喜んでくれますように💛
ponko310
2015/12/13 04:20
投稿しようとしていた、コメントが全て消えてしまい、遅くなってしまいました(涙)

今回の動画も全て素晴らしく、彼らの歌声には、うっとりしてしまいました。
特に日本の番組内での歌声には、鳥肌がたちました。
なぜなら、どこで歌っても「天使の歌声」は、「天使の歌声」だったためです。これには大変驚き、感激しました。
そして、彼らがお寺で歌いたいと思っていてくれたことにも感激で、この続きが見られないことが、凄く残念でなりません。
気になります…。
お寺での歌声も素敵だったことと思います。
日本では、V6もこんなに間近で会ったり、歌ってもらえたら幸せなことだと思いますが(芸能人ですし)、目の前で歌ってもらえた2人が凄く羨ましく感じました。
素敵な会場で聞けることも凄く幸せなことだと思いますが、会場外で、しかも間近で歌ってもらえるなんて!!
まるで自分だけのために歌ってくれているよう…本当に羨ましいです。
yukitake
2015/12/15 17:01
yukitakeさん
せっかく書いたものが消えてしまったことは私も何回か経験しています。
お手紙と違って、機械は間違って押しただけで大変なことになるんですよね。
貴女もソプラノの声が好きでしたね。
私は特に声変わり寸前の少年のソプラノに心を惹かれます。
もう決して戻ってこない、消え去っていく美しいものへの哀愁でしょうね。
友人がこのお寺で歌っている番組のリンクを教えてくれたので見る(聞く)ことが出来ました。
あ、うっかり忘れていましたが、これは今日載せておきますね。
このハイドンコーアも素敵な歌声を残していってくれたんですね。
当時の私の情熱が覚めてしまった事が残念に思うようになりました。
でも、今は心の静かな毎日を優先しています。
たまに来るルカからのメールで飛び跳ねるだけで疲れますから、えへへ。
ほんと、自分の好きな団員がこんなにきれいな歌声で自分だけの為に目の前で歌ってくれていたら気絶していたわ。
ponko310
2015/12/15 19:22
おぉ!!!!リンクが増えていますね♪
後ほどゆっくり見させていただきます
ponkoさんの友人さんに感謝です!
ありがとうございます
yukitake
2015/12/18 12:59
おお!!!!!
また覗きに来てくださったか!!!
声をかけてくれて嬉しいわ。
きゃぁ〜〜、ブログ玉も一つ増えているの。
そうなのよ〜、私っていろんな記事を読み直しては何かに気が付いてしょっちゅう再編集ばかりしているの。
懐かしい思い出ばかりの此処には、再来が多くて、忘れ去られた過去記事なんてないからね。
有り難いオールドファンの協力があってこそ、このブログが充実していくんだわ。
何時か私が記事を書かなくなっても、コメント欄は生き続けるはずよ。
ponko310
2015/12/18 17:40
ルカ君はバスちゃんでしたか。これで私の使命も消えた。ドイツ語暗記できなくて、どうしたものかと思っていました。
Song for MaryのDVDは、日本のショップでは買えないのです。たぶん皆さんドイツかWSK公式に注文していると思います。テレビで放送されるなんて羨ましいわ。企画が違うからパソコンでしか再生できないので、大きな画面で見たいです。今日本橋三越にいて、これから元ビクター少年合唱団、現在のTokyoFM少年合唱団のクリスマスミニコンサートです。
maa
2015/12/25 16:52
ア〜ン、maaさん。
残念ですよ〜、せっかくmaaさんに大使になってもらうつもりだったのに!!
昨日は2014年の再放送だったけれど(YouTubeでも見れる)今日は「ウィーンのクリスマス2015年」が放送されるの。
何隊が出るか知らないけれど、此処にそれを撮って載せるからね。
ARDの30日に放映される現代式「野ばら」が楽しみだわ。
maaさん、少年合唱団コンサート攻めではりきってますね、うふふ。
もう、いっぱい楽しんでくださいな。
ponko310
2015/12/26 00:24
YouTubeに早々にアップされたクリスマスin Viennaは、画像があまりよくないので、ponkoさんきれいなの撮れたら貼って下さい。WSKが出ている部分だけでも大歓迎です。
現代版「野ばら」の放送も楽しみね。日本でも早くDVD発売されますように。郷愁を語るサイトなのに、現役WSKの世界に引っ張り込んでしまってごめんなさい。新しい記事を載せてくれて、私はありがたや〜と思っています。
ところで2004年に日本のTVで放送された番組の中に、2〜3秒だけ64年組が映っているのは見たことありますか? モノクロであっという間だけど、写真じゃなく映像で鮮明にわかるのですが・・・。
maa
2015/12/26 16:38
maaさん
ご期待の場面を早速載せました。
お気に叶いますように!!
ちょっと遊んじゃった・・テヘへ。
はまり込みはしないけれど、現役WSKも結構面白いからmaaさんに感謝します。

え!!郷愁の64年組ですって!!??
2004年なんて、もうウィーン少年合唱団はすっかり頭から離れていた時期です。
2〜3秒でも64年が見れたの?
その時に彼らの映像を見ていたら、懐かしさできっとまた狂っていたと思うわ。
この時期はテレビで朝からものすごく素敵な番組ばかり放映されるので嬉しくてしょうがないわ。
今、ちょうどアメリカ映画の「アルプスの少女」をみているところ・・220分よ。
あとは夜までメルヘン映画ばかり!!
ponko310
2015/12/26 18:37
 こんばんわ
2015年は・・・
ブログへ散歩しにきていただき
とてもうれしかったです 
2016年もまた遊びにきますので〜
よろしくお願いいたしますne  
良いお年を〜 
アメネコ
2016/01/01 00:26
アメネコさん
ドイツでは2015年最後のコメントをあなたの言葉で飾ることになりそうですね。
勿論2016年も猫仲間のアメネコさんを訪問させてくださいね。
新年が平和で争いのない年になってくれるように祈ります・・・そんなこと、とても無理な世界情勢なんですけれどね。
ponko310
2016/01/01 01:02
あけましておめでとうございます。
ponko様、本年もよろしくお願いいたします。

ponko様ご一家のご健康を遠い日本にて願っています。

本当ですね。願いは世界平和なのに・・今朝のニュースはテロに備えて世界各国で厳戒態勢を伝えていました。

動物の中で人間が一番愚かな生き物だそうです。他に武器を持って争う動物は居ないから・・

越後の雪椿
2016/01/01 08:10
越後の雪椿さん
2016年の最初の新年おめでとうですね。
こちらの新年は個人で上げる花火が特にものすごかったでしたよ。
今でもまだ煙が残っているくらいです。
ここにやって来た沢山の戦争避難民達のことを考えて、大きな爆発音のしない花火を上げるように注意がなされていましたが、やはり守られていませんでした。
さて、今年もよろしくお願いしますね。
せめて私たちだけでも愚かでいないように、楽しくて平和な雰囲気を作りましょう。
楽しく笑えるところには戦いは無いと思うから。
ponko310
2016/01/01 09:38
新年明けましておめでとうございます。ュ
今年も宜しくお願いします。
コメントもなかなか書けずにいますがちゃんと読んでますよ!(^-^)v
今年も前向きに頑張ります!p(^-^)q

お互いに良い年になりますように(^人^)
みつえちゃん
2016/01/01 12:12
みつえちゃん
明けましておめでとう。
元気にしていますか?
前向きに生きるエネルギーをあげるから遠慮なく声を掛けてね。
ほんと、お互いに楽しい新年になるといいね。
ますは大きな自然災害から私の母国が守られますように。
そして第二の故郷がテロリストの目標になりませんように。
ponko310
2016/01/01 18:38
ponko様、今テレビで新年恒例のウィーンフィル・ニューイヤーコンサートを見ていますが先ほどウィーン少年が出て2曲歌ってくれました。テレビで彼らを見るのは久しぶりです。
ponko様は見られましたか?

越後の雪椿
2016/01/01 21:09
は〜い、見ました。
こちらは午前の11時15分からでしたよ。
新しい記事を編集しながら見ていました。
お気に入りのポルカを少年たちがとても上手に歌ってくれたので私はご機嫌です。
では、明日又お会いしましょうね。
ponko310
2016/01/02 02:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
(133) 軽くウィーン少年合唱団 青きドナウはウッソォ〜だった /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる