青きドナウはウッソォ〜だった 

アクセスカウンタ

zoom RSS 165 ベルリンの夏至の音楽祭

<<   作成日時 : 2017/06/24 00:08   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

イギリス旅行の続きを書く前に毎年6月21日にベルリンで行われる音楽祭の事をちょっとね。

その前にとんでもなくびっくりしたことがあるの。
知らない人のYouTubeで私のイラストに出会いました。
記事86 http://ponko3.at.webry.info/201410/article_1.html
ま、金儲けを考えて描いた絵でもないから、この合唱団の最高に素敵な歌声に添えてもらえて光栄です。
光栄ですが、ちょっと複雑なくすぐったい気分ですよ。
でも、曲の選考は素晴らしいものばかり・・・やっぱり光栄だわ。
この方の他の動画を見ても私の好きな音楽の傾向なの。

さて、高揚した気を落ち着けて話を戻します。

この日は本当にベルリンの至る街角で楽器や、コーラスや、いろんなミュージシャンがそれぞれの音楽をご披露していました。
このベルリン国立大聖堂少年合唱団も歌ってくれたんですよ。
画像

少年達は正面に太陽を受けこの大聖堂の階段で歌う事になっていました。
画像

しかしこの日はかんかん照りで日向がこんなに高い温度になっています。
画像
   (この四隅のばっちい色は太陽で変色した糊ですからね。)
こんな暑さの中で子供たちを歌わすことは出来ないと、急きょ大聖堂のアーチの中でのコンサートになったのですが、前の広場で聞こうと思っていた人たちには声はするけど姿は見えずになってしまいました。
もっとも、灼熱の暑さに弱いこちらには大歓迎の変更でしたがね。

あ、その前に大聖堂の横の旧博物館の前で、この10歳のアウグスティン少年がエレクトロギターで歌いながらおこずかいを稼いでいました。
もちろん彼のパパとママは後ろの日陰の階段に仲良く座って誇らしげに自分の息子を見守っていましたよ。
画像
マイクの前の箱にはきっと40ユーロぐらい貯まっていたかな。
真剣に演奏している彼に私も1ユーロ入れて来ました。
(演奏にじゃなくて思わず話し掛けちゃったのでね)
だって、これ私の好きなタイプの曲じゃないし、動画もここまでで結構。

さて寄宿舎生活をしていないベルリン大聖堂少年合唱団の団員たちはミサの時などこうして個人で出動して来るんですね。
画像
この二人は一人で来ていましたが、今日は小学校3年から5年生までの年少グループが出演で、さすがに母親同伴の団員が殆どでした。
画像
年少グループとは言え、30分のコンサートで英語、フランス語、ラテン語、アラブ語などの各国の言葉で歌われる歌詞もすべて楽譜無しで歌いあげたんですから、この小さな坊や達に拍手を送ります。
きゃはは、おちびちゃんたちは地声そのもので歌ってるじゃない。
健気に歌う真剣な顔つきが可愛いったらありゃしない。
彼等はまだ正規の合唱団員達みたいに舞台やミサに参加できません。
ウィーン少年合唱団の年少組もこんなもんから出発なんだろうなぁ。
とうの昔に亡くなった指揮者のグロスマンさんは、団員一人一人の声を鍛え上げるのが上手だったと聞いたことがありましたっけ。

声変わりしてからも歌うよって言う一番年少のフィン君は8歳ですって。
画像
肩から下げている合唱団の袋にフィン君が入れそうねって言ったら、面白そうにポーズをとってくれました。

彼のママと少しお話をしているうちに他のグループが並び出しています。
同じ合唱団でも、これは正規の年長組で指揮者も違う方でした。
聞く方に気を取られていたのでこのように動画が疎かになっていますね。
やはり30分のコンサートでしたが、きっとスタジオや聖堂内で聞いたらもっと素敵に響くんでしょうよね。
明々後日に聞くドレスデンクロイツが野外でどう聞こえるか緊張です。
画像


コンサートが終わってみんなが解散した後「ポンコさんが話していたさっきの少年が素敵だったわ」 と言う友人の言葉にキョトンとしました。
だって、誰と何を話したのか全然記憶にない。
何だか72年組のルカに最初に声を掛けた状態に似てる。
恐ろしい事じゃ〜、今回は鬱的じゃないからもうアルツハイマーか。

「でも、合唱団の制服で立っていた年長の少年にあなた達も歌うの?って聞いていたじゃない」 と言われて、何となく思い出したからよかったぁ。

私達、この1時間の無料コンサートの後はフリードリヒ駅の近くのお寿司屋さんで夕飯を食べながらひどく楽しいおしゃべりをしてきました。
画像
此処のお店はね、お茶が飲み放題、ガリも食べ放題で、ハッピーアワーにはこの美味しいお寿司が9,80ユーロなの(なんだか急に生き生きして来た)
ベルリンではベトナム人やタイ人やロシア人が同じ様にお寿司のお店を出しているけれど、このベルリンのチェーン店の「一心」は日本人の職人さんの管理の元に置かれていて、お昼時は食べにくる商社の人達の行列が出来るくらい。
此処のオーナーに昔、我が家で生まれた子猫をあげたことがありました。
メス猫なのに「たまさぶろう」と言う名を付けて可愛がっていたんです。
猫もオーナーにとてもなついていて、朝は寝ている彼の首を前足でモミモミしながらゴロゴロとのどを鳴らして顔に涎まで垂らしていたとか。
ある日そのたまさぶろうがマンションから突然いなくなってしまったの。
多分オーナ―が仕事に出る時にベランダの窓を閉め忘れて、彼の車を追いかけようと飛び降りてしまったのではないのかとずいぶん長い間、ベルリン中を探し回ったそうです。
でも、とても綺麗な人懐こい猫だったから、すぐに誰かに飼われたんだろうと、しまいには断念したと言っていました。
まだ誰もがベルリンの壁が開くなんて思ってもみなかったころの話。

今日(23日;金曜)はドレスデン十字架合唱団がベルリンに来ています。
明日は今、開催されている連邦園芸博覧会で野外コンサートがあるの。
記事はいつかまた。

ついでにこのベルリン大聖堂合唱団のソリストだった12歳のデニスの歌うアベマリアです。
  邪魔なGEMAが無くなってようやく載せられます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
Ponko様
暑い中の野外コンサート 別の意味でも熱くなられた事でしょう。
でも、大聖堂少年合唱団の愛らしい少年達と正規の合唱団の演奏を聴けるなんて素敵な機会ですね。
あの荘厳な大聖堂をバックに聴けるなんて…羨ましい限りです。
私がもしご一緒させていただいていたら「一心」に彼らの演奏を聴いて、心がいっぱいになった事でしょう。
でも…共通の話の出来る友達といただいた「一心」のお寿司も美味しかった事でしょうね。Ponkoさん達は心もお腹もいっぱいになったんですね。
クロイツコアの演奏会のお話しも楽しみにしています。
暑さ対策を忘れずに!
ek
2017/06/24 07:36
ekさん
「一心」を使ってのセンスの良い言葉遊びをありがとう。
大いに楽しんで読みました。
実は、今さっきクロイツの団員と会って来たばかりです。
明日は演奏会ですが、希望の撮影は出来るかどうかわかりません。
なにしろ、有名になりすぎて撮影の権利とかがうるさいそうです。
でも明日になってから判る事。
今日の小さな体験も一緒に書きますね。
明日のベルリンはうす曇りで暑くはなさそうですよ。

ponko310
2017/06/24 08:06
夏のはじめの素敵な歌声をありがとう。年少の子たちの歌声も私には優しく素朴で撃沈です。この曲は「アンドレアス・ホッファー」に似ているけど、オーストリアの英雄の歌をベルリンで歌われることもないでしょうから、きっとメロディの似た別の曲ですね。
一心のお寿司は見た目も本物の日本のお寿司ですね。美味しそう!楽しいおしゃべりが聞こえてきそう
maa
2017/06/25 20:00
maaさん
この無料の合唱団を聞きに行ったのは友人と会ってその帰りにくっちゃべりながら一心でお寿司を食べたかったからなのよ〜。
年少組が歌っているのはドイツの失恋の民謡。
映画の野ばらでも歌ってるからリンクを載せますね。
https://www.youtube.com/watch?v=WxScGnqKOnw
キャッ、違いがわかってしまうね。
ponko310
2017/06/25 20:28
PONKOさんのユ‐モアのある言葉に、ポ‐ズをつけて答えてくれたフィンくん。
なんだか誇らしげでもあり、かわいいなぁと思いました♪
それから、帰り道にお友達とくっちゃべりながらお寿司を食べたかったからなの〜に笑ってしまいました。
楽しいお出かけを満喫しているPONKOさんに、私の頬もゆるみました。
ありがとうございます☆

YUKARI
2017/06/26 00:07
YUKARIさん
フィン君ね、笑ったら歯が抜けてて無かったのよ。
ちょうど大人の歯に抜け変わる時期なの。
だから前歯が大きくて、この笑顔可愛いよね。
コメントまでちゃんと読んでくれて、あなたも一緒にお寿司を食べた気になってくれたらいいな。
ponko310
2017/06/26 00:21
イギリスへ行っていたのね。
一心のオーナーのこねこちゃんの話、今でも覚えているよ。
寿司、食べたい!! 出前してょ|
年少組の少年達たくさんいるみたいだけど、どのくらい生き残れるんだろう?
年長組の歌を一瞬聞いた時何の曲だと思って首を360度
ひねって思いだしたのが、似ても似つかない琵琶湖周航の歌の歌でした、、。 
ところでわたくしここのところ目の前にある教会に行っています。土曜日の昼約30分程。
日頃、鐘の音がうるさいと思う時があるけどね。
無料のミニコンサートをやっているのよ。
教会だからそれにちなんだ曲で、途中神父様が3分程お説教されます。神妙な顔で聞いています。
パイプオルガン、チェンバロ、ビオラダガンバ等々、珍しい楽器などが、じかに聞け見られるです。
時たま外に漏れてくるパイプオルガンは聞く事はあったけど、あれは聖堂の中で聞くものだわ。
以前のブログで、教会内では拍手をしないものだどあったよううなきがしたので、終わって立ち上がろうとした
ら、静かに拍手がはじまったわ。
一応、コンサートだからかもしれないね。
8月の末までやっているから聞きにおいでよ。
神父様の説教付き。
30分というのがいい。あまり長すぎると疲れる。







おかめねこ
2017/06/26 01:04
おかめねこドン
個人メールかコメントかの境。
ご無沙汰していたけれど、元気そうね。
こんな所で近況が聞けて嬉しかったな。
どう?実際に教会の中に入って音楽を聞くと、それまでうるさいだけだった鐘の音が子守歌に聞こえて・・・・来ないんだよね。
うるさいものはうるさい。
でも、前よりは受け入れられるようになったのでしょうね。
そうか、8月の末までは時間があるね。
何かそちらで少年合唱団でも聞けるような所はあるかな。

ponko310
2017/06/26 02:28
ないよ
おかめねこ
2017/06/26 16:15
おかちめんこねこどん
おまはんは一体どんな非文化的な場所に住んでいるんじゃい。
今度友達連れて開拓しに行かんといけんわ。
あ、私達って、華奢でひ弱い存在だったんだわ。
そこにたどり着くまでには徐々に消滅してしまうのですわよ、おほほほ。
ponko310
2017/06/26 18:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
165 ベルリンの夏至の音楽祭 青きドナウはウッソォ〜だった /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる