Mag101さんへ

5月にメッセージを頂いていたのを、今日初めて気が付きました。 本当に申し訳ありません。 メッセージでお返事を書きたいのですが、ホームページアドレスが無いので送るすべがなく、差し置いて読みましたと言う事だけをお知らせしますね。 ホームページのアドレスを教えていただければ幸いです。 特に64年組のファンの方はいつでも大歓迎です。
コメント:0

続きを読むread more

247 遺憾に思う事

コロナ感染の拡大と、12歳以下の子供達のコロナワクチン接種が普及されていない為に、ウィーン少年合唱団も2022年まで海外演奏旅行はすべて取り止めだそうです。 つまり合唱団の伝統のようになっているアメリカ、ドイツのクリスマス演奏会も去年に引き続き無いって事ですねぇ。 日本への演奏旅行もいつの間にか伝統的になりつつあったのに、コロナのせ…
コメント:40

続きを読むread more

246 バルト海へ

さて、コロナワクチンの二度目の接種も済み、コロナヴィールスへの抗体も体内に出来上がったと思うので、1年ぶりに海の近くの街で一泊してきました。 私の街から手ごろに行ける海と言ったらバルト海です。 今日のお天気はまぁまぁ。 この国道96は私の街を通り、リューゲン島にあるゲーレンと言う目的の街まで続いています。 すでに小麦の刈り入れは…
コメント:30

続きを読むread more

245 こんな動画にはまっています

最近、熱海の土砂災害(https://www.asahi.com/articles/ASP7352GNP73UTIL01F.html)や目下、西ドイツでの大洪水などのニュースを見てばかり。 突然襲って来た天災で、命からがら家から逃れた方々は突然全てを失ってしまったのですよね。 津波のニュースを見ても、コロナで突然亡くなってし…
コメント:12

続きを読むread more

244 愉快な夫婦

6月22日に2度目のコロナワクチン接種が済みました。 ベルリンの友人がその5日前に接種を済ませて「腕が痛くて服も着れないの」と連絡をくれていたので、何らかの副反応を覚悟していたのですが、10日経ってもな~んともない。 ひょっとしてタヌキにはワクチンが効いていないのかも。 目下サッカーのヨーロッパ選手権大会が行われていて、6月2…
コメント:20

続きを読むread more

233 地獄の夏です

ドイツに住みだしてから46年になりますが、過ごしやすいはずの夏が、ここのところだんだん灼熱地獄に近づいてきました。 最も、日本のように蒸しかえる暑さではないので、日陰に入ればやり過ごせますし、石造りの家の中は涼しくて居心地満点です。 とはいうものの、この暑さは体のどこか深いところに沁み込んで、考えながら物を書くと言う気力を奪います。…
コメント:30

続きを読むread more

232 また春ですよ

2021年5月10日 月曜日 今年は5月になってからも冬物が放せないくらい寒くて、ベルリンの壁跡に添って植えられた桜を見物をする人もまばら。 (横着をして写真はBerlin.deからの借り物です。) ところが、昨日から太陽が機嫌を良くしたのか、突然の如く真夏の暑さになりました。 2019年のウィーンの夏は日本を思わせるくらい蒸し…
コメント:56

続きを読むread more

231 4月の天気と猫ちゃんの話

さて、今日はどうも独り言になるようです。 でも、誰かおしゃべりの相手になってくれますように。 目下、レンギョウが花盛りです。 あそこに見えるのはコウノトリの巣。 今月の初めにリンウムと言う近くの湿地帯に、新鮮な空気を吸いに行きました。 南の国にいたコウノトリが卵を産みに戻って来ます。 4月に入りましたね-----って…
コメント:12

続きを読むread more

230 漫画家になりたかったなぁと言っていたら新しい写真が来ました。

2021年3月16日 今朝、思わぬ嬉しいメールが入りました。 記事の149に64年組の元団員の方から最近のご自分の写真が届いたのです。 64年組のファンならすぐに判る紳士です。 コロナなのにちっとも気落ちしないこの頃です。 2021年3月13日 土曜日 yukaさんの夢を私なりに表現したイラストが出来上がったのでこの…
コメント:76

続きを読むread more

228 2021年のコロナ

2021年1月21日 木曜日 昨日日本大使館からまたメール ●国内で変異ウイルスの感染者が確認された国・地域からの入国者を対象とする日本における水際対策強化に関する新たな措置(昨年12月26日決定)のうち、本年1月20日、検疫の強化の対象国・地域にアメリカ合衆国(ユタ州)、オーストリア、チェコ、ハンガリーが追加指定されました。 …
コメント:36

続きを読むread more

227 ベルリン大聖堂少年合唱団の聖劇

今日ブロ友さんから頂いたリンクでベルリン大聖堂のミサを見ていたら、ちょうどベルリンの友人から嬉しいリンクを教えてもらいました。 見たいと思っていた聖マーティンの聖劇です。 ドイツ語の勉強には良い動画かも。 聖マーティンの説明は此処でどうぞ。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%…
コメント:6

続きを読むread more

こんな通知が最後になりますように

在ドイツ日本国大使館 ドイツにおける防疫措置(各種制限措置の延長等 ドイツ国内の全市郡のうち,約4分の3の市郡(292市郡)において,過去7日間の人口10万人あたりの新規感染者数が100人を超えており,さらに70以上の市郡においてこの値が200人を超えている現状を踏まえ,1月5日,メルケル首相と各州首相による協議が行われ,更…
コメント:6

続きを読むread more

226 さらば2020年そして2021年おめでとう

目下、2020年12月3日 16時じゃ。 ベルリンの友人から送られて来た動画を見ておりまする。 お坊さんたちがマスクを付けて鐘を突く姿を見るのも、今年が最初で最後になりますように。 北ドイツの海辺の町のタウンハウスで突然大きな爆発がありました。 政府はコロナ患者でベット数を確保するために、今年は事故予防のために、花火での大き…
コメント:12

続きを読むread more

日本大使館から

私は日本人ですから日本大使館からのお知らせが来ます。 今日来たのはこれです。 此処にもへそ曲がりの人がいる事がよく判りますよ。 年末年始のイベント等に関する注意喚起 在ドイツ日本国大使館 ○12月30日にベルリン中心部で計画されていたコロナ規制に関連する複数のデモ・集会は公には中止となりましたが、引き続き突発的なデ…
コメント:0

続きを読むread more

225 今日はクリスマス

記事の最後に動画を載せたので、最初にお知らせします。    クリスマスなので久しぶりにメル友たちにお返事を書いていたら、プッ夫クンがウィーン少年合唱団が出てるよ、と教えに来てくれました。 立ち上がるのが面倒なので、手を休めて横の小型テレビを付けると、飛び込んできたのがこの動画です。 見覚えのある顔が一人いるのだけれど、ど…
コメント:18

続きを読むread more

224 12月のーーードジ!

今日は最後のアドベント。 12月19日の17時に配信で、楽しみにしていたオンラインコンサートなのに、私のPCで見たらこの通りカクカクと途中で途切れて見づらいったらこの上無し。 きっと世界中からの殺到でネットが混んでしまったのかと思っていたけれど、翌日も同じ調子です。 前はすんなり見れたのに、なんてことでしょう。 カメラで…
コメント:21

続きを読むread more

223 花の24年組ですって

こんな言葉もネットをいじり出してから知りました。 昭和24年組 青池保子(昭和23年生)、萩尾望都(昭和24年生)、竹宮惠子(昭和25年生)、大島弓子(昭和22年生)、木原敏江(昭和23年生)、山岸凉子(昭和22年生)、樹村みのり(昭和24年生)、ささやななえこ(昭和25年生)、山田ミネコ(昭和24年生)、岸裕子(昭和24年生) …
コメント:95

続きを読むread more

222 ただのブツブツ独り言

ベルリンの街なかには小さいけれど、とっても美味しい生ビールを製造するお店があるのです。 これは10月に行った時。私はビールが飲めないけれど、プッ夫クンのグラスに口を付けたら美味しくて、何度も飲んでしまったくらい。それにそれにこのフラムクーヘンもホッペが落ちそうでした。 2020年11月15日 日曜日 昨日のドイツのテレビは…
コメント:11

続きを読むread more

221 たわごと

これ、読める方いる? 私には読めるのだけれど・・・ これを読める人は世界中で3人に一人なんだそうです。 え?日本語、これであってるのかな。 ま、いいや。 それにね、乱視の方には読めちゃうんですって。 だから、私は乱視です。 ドイツに来てから夜空を見上げるようになって(1970年代は意識して夜空なんて見あげた記憶ないわ)…
コメント:28

続きを読むread more

220 秋で再びロックダウンです

秋も深まり、いよいよあと2か月で新年を迎えますね。 私の街は今、黄金色に包まれています。今年はコロナでハロウィーンパーティーも、お菓子をもらいに来る子供達も無いのに、ご近所では恒例の飾りつけをしていました。面白がって近づいてみたら、結構凝ってた。 11月2日の月曜日から30日まで、ドイツはまた厳しい制限になるのですよと、ドイツ大使館…
コメント:32

続きを読むread more

219 帯状疱疹の後に来たもの

(気分が乗っているうちに下の記事の続きを書きましたからね。) さぁってと、溜まっていたメールのお返事も済んだし、暇が出来たからまた思い出話でも書きましょうか。 と言っても最近の単なる吾輩の思い出話にすぎません。 あれは2020年4月4日の土曜日の事でした。 ドイツではその日、5000人ものコロナ感染者が出ていましたっけ。…
コメント:40

続きを読むread more

218 ウィーンがコロナの!!

昨日のドイツのニュースによると、ウィーンが「旅行」でのコロナの危険区域に決まりました。 なんてこっちゃ。 浅はかな人間がこういう事態を引き起こすんじゃ。 さて、ついでに先週の日曜は4か月ぶりに次男が遊びに来ました。 コロナで人を呼ぶのは極力避けていましたが、この日は彼のガールフレンドと、私の友人も交えて小さなホームパーティが…
コメント:70

続きを読むread more

216 レーゲンスブルク少年合唱団ノスタルジー

「maaさんのブログでラッツィンガー氏の死を知りました。 そしたらなぜか昔録音したレーゲンスの歌声を皆さんに聞いてもらいたくなり、youtubeにアップしました。 以前ponkoさんにメールで送り損ねたものです。 指揮はラッツィンガー氏ではないですが、間違いなく指導者としていたころの歌声です。」 これは本当にラッツインガー氏…
コメント:24

続きを読むread more

215 小旅行メックレンブルク・フォァポメルン州

天気予報を見たら、30度近くになると判ったので、先々週の水曜(2020年6月24日)にたった1泊ですが、今年初めての外泊をして来ました。 泊まって来た先はヴァーレンと言う国立公園の湖沼地帯にある美しい湖畔の街--------と言っても、記事の1や157とかなどで、いつも寒い時期に行っている地帯なんですよね。 だから今回は緑の季節…
コメント:14

続きを読むread more

214 DVDが届きました

2020年6月20日土曜日 今日シルクロードのDVDが届きました。 そして、見るとちゃんと日本語も入っています。 さぁ、雨が降ると言う天気予報の明日は、ゆっくりと母国語でこの動画を観る事にしましょうか。 月曜日には郵便局に代金の振り込みに行きますが、一緒にWSKへの寄付もして来ます。 早くコロナのワクチンが普及されてくれな…
コメント:18

続きを読むread more

212 ウィーン少年合唱団のリモート合唱

今から75年前に第二次世界単線がヨーロッパで終了しました。 ナチス崩壊の日を記念した番組がオーストリアでもあるとウィーンの友人から知らせがあって、そのリンクを此処に載せます。 いつまで見られるか判らないけれど、機会を逃しませんように。 この29.51 51 分からウィーン少年合唱団のオンラインで歌っているアベマリアが聞けます。 …
コメント:28

続きを読むread more

211 元ウィーン少年合唱団員達

コロナの騒ぎで一緒に練習できなかったコルスヴィネンシスの団員達が、個人個人で歌って送った動画が編集されて、ようやくこんな合唱が出来あがりました。 アイルランドの民謡です。(おっと、スコットランドでした。) この合唱団のTシャツもあるのですが、古い時代のライニーさんはやはりコンサートの為の正装を選びましたね。 まず初めに編集用に…
コメント:46

続きを読むread more

210 日本大使館から

うひ~、月面のようになっている帯状疱疹が最も痛い最中と言うのに、日本大使館からの知らせ。 たんこぶに火がついた感じじゃ~。 4月24日(金)頃から5月26日(火)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります。 ●近年,ラマダン月及びその前後に世界中で多くのテロ事件が発生しています。 ●ISILは機…
コメント:16

続きを読むread more

209 アウガルテンのトニー君

2020年3月27日~4月29日 前の記事にも出しましたが、少年達のいないアウガルテンでは3日毎にトニー君が団長さんと二人で、家に待機している団員達の為にインターネットで発声練習をしてくれています。 今日はどんな歌を練習してくれるかな。このトニー君、合唱団の中ではどうやら一番の年長だそうです。 私は初めて見ましたが、テレビや新聞で…
コメント:33

続きを読むread more

208 メルケル首相からの言葉

2020年3月19日にメルケル首相から私達に向けられた言葉です。 しっかりと聞きました。(私にはとても訳しきれないので、日本語は知り合いのメッセージからコピペしました。) 国民の皆様、 コロナウイルスは現在わが国の生活を劇的に変化させています。私たちが考える日常や公的生活、社会的な付き合い ― こうしたものすべてがかつてな…
コメント:12

続きを読むread more

206 WSKの演奏旅行が延期

2020年3月10日 新型肺炎感染予防のために、ベルギー、オランダ、デンマークへのウィーン少年合唱団の演奏旅行が延期になりましたって。 そして3月29日までホーフブルク宮廷礼拝堂でのミサは行われないそうです。 明日、理事会議でこれからの方針を話し合うそうです。 5月の日本公演までに今までの穏和な環境に戻りますように。 今日…
コメント:26

続きを読むread more

204 毎日追っているCOVIT-19 1

2020年2月22日 土曜 今一番注意が向いているのは新型肺炎の事で、自分の一生の間に、またすごい事が起こっているのを勝手にまとめているのでコメントは期待していません。 私の故郷である横浜に停泊したダイヤモンドプリンセスの記事を見てから、その行く先が気になり出して、前の記事からずっと追っています。 https://wired.…
コメント:26

続きを読むread more

203 クルーズでの結婚記念日と現在のCOVID-19 

去年の12月に中国の武漢の市場から、あっという間に世界旅行に参加してしまった「2019-nCoV」と命名された病原性のウイルス。 この名前は後で「COVID-19」と変わっていました。  私は中国になる前の香港で海鮮市場を見て来ましたが、あちこちに水たまりなどが出来ていて実に不衛生な場所だと思ったものです。 1950年代のアメ横の…
コメント:20

続きを読むread more

202 なんでもない話 2

友人が吉岡 秀隆のファンなので、昨日は彼の出演する福島原発のドキュメンタリー映画の試写会に言って来たとメールをくれました。 ドイツでも上映されるらしいからと題名を教えてくれたので、その「Fukushima50」をネットで調べてみました。 そうしたらヒットしたのが、何とこちらで「フクシマのサムライ」と言われた方々の記録映画の事…
コメント:33

続きを読むread more

201 何でもない話 1

このドイツのポストバンクのコマーシャルが好き。 在ドイツ日本国大使館から、さっきこんなメールが来ました。 1 ベルリン州治安当局等からの情報によれば,1月17日(金)及び翌18日(土)朝から夕方にかけて,6月17日通りやブランデンブルク門付近一帯をはじめベルリンの市街地を中心に,複数の農業団体等による約1万5千人規模のデモや…
コメント:31

続きを読むread more

200  2019年のクリスマス

石畳の道ですべって手足を捻挫して、一か月過ぎた今でもかなり痛~いのって、やっぱり高齢になっている証拠でしょうね。 ま、これも自然の流れですから素直に乗って行きましょうや。 今年のクリスマスはまた小旅行と決めて、今回はバルト海に面するポーランドの湾口都市のシュチェチンに3泊して来ましたが、お天気が悪かったのでこの快晴の写真はWik…
コメント:36

続きを読むread more

199 ベルリンのキエフ青少年合唱団 2

12月17日に、この日のような楽しい思い出がまた一つ増えました。 https://ponko3.at.webry.info/201809/article_1.html 秋に入って 間もないころだったでしょうか、ウィーンのシュテファン教会で偶然知り合って繋がりを持ったキエフの美少年から「君に良い知らせがあ…
コメント:18

続きを読むread more

198 旧ブルックナーコアの歌劇 1964 年組 

2019年11月22日  64年組の写真が沢山載っている記事195(https://ponko3.at.webry.info/201910/article_6.html)に来たekさんのコメントで思い立ったことがありました。 私は64年組の日本公演で上演されたオペレッタのウィーンの昔の物語の入ったオープンリールの録音テープを50…
コメント:66

続きを読むread more

197 Little Big Voice

2015年に放映されたウィーン少年合唱団の映画が、YouTubeに載っているのを見つけました。 その映画の事は此処に書いてあります。 https://ponko3.at.webry.info/201601/article_1.html 1955年代のウィーン少年合唱団のお話を、2015年のシューコアとブルコアの団員達が演じてい…
コメント:10

続きを読むread more

195 WSK 旧ブルックナーコア

今年も無名の歌手を発掘するブラインドオーディションのヴォイス・オブ・ジャーマニーが始まりました。 ヴォイス・キッズと同じく、毎回必ず見ていますが、10月3日の放送で元ウィーン少年合唱団の団員が応募していたのでびっくりしました。この曲を歌い、4人全部の審査員からコーチを申し込まれ、マーク・フォースターのチームを選んだこの19歳の若者は、…
コメント:70

続きを読むread more

194 アルプスへの旅 1ヒンタービヒル

2019年8月2日 金曜日 薄曇り 5時40分 我が家より出発 11時30分 南ドイツのプファッフェンホーフェン。ホップの畑が続く。 (しかし曇っていたので、これは借りた写真です)ローゼンハイムの手前のブルックミューレから幾つかの渋滞にぶつかり、無料だが退屈なアウトバーンでの時間が無駄に過ぎて行く。 国…
コメント:20

続きを読むread more

193 今更、映画「野ばら」のチロルの山荘

1963年の中学生の最後の夏休みでした。 宙を自由に舞うピーターパンに憧れて、そのアニメを見に行ったら、心を奪われたのは同時放映されていた映画の、豪華な宮殿に住み美しい声で歌う横わけの髪の少年達の方にでした。 ここに来る若き日のオールドファンのブロ友さん達と同じですよ~。 さて、ごく幼少の頃だったのですが、横浜の伯母の高台の(実際…
コメント:39

続きを読むread more

192 今度はウィーンの夏でした 6

まだブログ玉が復活していませんが、記憶の薄れないうちにもう一つの記事を載せておきます。 2019年6月17日 月曜日 さて、念願の64年来日元団員のヴィリーさんとの再会を終えて、これからライニーさんが私とmaaさんをウィーン郊外にある高台のカーレンベルクに連れて行ってくれるそうです。 しかし、今日もまたひどく暑くなりつつある~…
コメント:55

続きを読むread more