テーマ:ウィ―ンの時間

192 今度はウィーンの夏でした 2

先日、ブログの経営元が大規模なメンテナンスたるものをして、このブログも前の設定と違くなってしまいました。 ブログ玉も今は有りませんが、2ケ月後には戻してくれるとかで心待ちにしています。 おしゃべりが嬉しいのでコメント欄が変わってしまっても書き入れてくださいね。 私はしかたがないのでこのままの状態で書き続けます。 2019年6…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

192 今度はウィーンの夏でした 1

冬にベルリンで聞いたモーコアの歌声を、今度は夏のウィーンで聴きましょうよと、ファン友からお誘いを受けました。 私がOKしたのはウィーン少年合唱団が夏休みに入る前の、モーコアの歌う最後のホーフブルクでのミサ曲です。 日本の友とのベルリンでの思い出も楽しくて簡単にOKしました。 https://ponko3.at.webry.info…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

181 衝動的なウィーン訪問でした 4

2018年8月31日 金曜日: 追記を記事の初めに書いてしまいます。 だって、初めてブログ玉が 50 をこの記事で越したのですよ~ 今日はこれを記念してベルリンに二回目のウィンナコーヒーを飲みに行ってきちゃいますからね。 以前の記事にも少しづつブログ玉が増えていますが、そこでのおしゃべりも楽しみにしていますから…
トラックバック:0
コメント:64

続きを読むread more

181 衝動的なウィーン訪問でした 3

 2018年6月23日 土曜日 ウィーン観光日記 晴天の6月なのにちょっと肌寒い気のする土曜日、蝶の家を出た後、ウィーンの友人は私達と美しいパルメンハウスに沿う道を歩きます。 何処に出るのかな、と思ったら「戦争とファシズムへの記念碑」のあるアルベティーナ美術館の前でした。 此処の広場に…
トラックバック:0
コメント:68

続きを読むread more

181 衝動的なウィーン訪問でした 2

 2018年6月23日 土曜日 ウィーンにて 昨日はホテルに戻って床に就くと瞬く間に深い眠りに陥っていました。 普段はベットに入ると1時頃までドラゴンちゃんと遊んでいるんだけどね。 あ、でもドラゴンが国を再建し終わったら私はどうしたらいいのよ~。 さて、ウィーンの友人は今日の朝食…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

181 衝動的なウィーン訪問でした 1

そう、この題の如く、全くの予定無しで、大好きなサッカーのワールドカップの真っ最中に突然ウィーンに行ってきたんですよね。 今ね、初回戦で日本が勝ち、ドイツが最初から負けてしまった、その4年に1度のワールドカップよりも、手元にある無料で綺麗な絵のマージドラゴンのお遊びのほうが気になっています。私好みの画像で、へばりつき病がここでまた発生し…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

162 WSK-OdFのお部屋30/ekさんの思い出

私が英国旅行から戻るとekさんの旅行記の続きが届いていました。 私の旅行記はさておいて、オールドファンの私としてはこちらの方がずっと楽しいのでどうしても優先してしまうのですよね。 ま、自分の趣味のブログなんだから好き勝ってにやってます。 ウィーン滞在5日目 今日は友人と二人で、午前中東ドイツに行くためのチケット…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

147 ウィーンの街の顔と魂 5

ウィーン郊外のグリンツィングの街を一人でそぞろ歩きしている時に、ホイリゲの庭の片隅で静かに咲いているバラを心に留めました。 これを目にして、少年の歌う優しい響きのあの曲がふと胸に浮かびます。 インターネットをやり始めて、YouTube なるものに出会い、まだウィーン少年合唱団がそこで聞けると知らなかった頃にこの曲を見つけまし…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

146  ウィーンの街の顔と魂 4

ウィーン最高裁判所の屋上にはね、レストランがあるんですよ。 これはそこで簡単な昼食を取った後に風に吹かれながら見た景色。 そこから見える左の建物は国会議事堂。 この右の小さな写真がそうですよ。 上からじゃ判んないでしょう、ヒヒヒ。 3年前のウィーン観光の時は此処で沢山の中国人が写真を撮っていましたっけ。 新緑の木々の…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

142 ウィーンの街の顔と魂 3

 これが初めてのホーフブルク教会 (いつもの如く、後日に緑の文字で幾つか書き足してあります。) 2016年5月15日の日曜日はちょうど聖霊降臨祭に当たっていました。 https://www.culturall.com/ticket/hmk/sonntagsmessen_konzerte.mc (これは…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

141 ウィーンの街の顔と魂 2

春のウィーンは寒かった ……今回はチロルじゃないです。 それにこのページは、また古いウィーン少年合唱団に戻っています。 ファンじゃない人には面白くないページじゃからね。 はぁ~・・・へばりつき病の再発じゃ~・・・・・助けてぇ~
トラックバック:0
コメント:33

続きを読むread more

140 ウィーンの街の顔と魂 1

Das Gesicht und der Seele der Stadt Wien この、もやの掛かったような景色はカーレンベルクの丘からウィーンの街の北を望んだものですが、何と、私の大好きな フンダートワッサーのごみ焼却炉 が真ん中に写っておりまする・・・・って自分で写…
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more

(133) 軽くウィーン少年合唱団

今回はオールドファンだけじゃなくて現役のウィーン少ファンの為かな。 これは昨日、12月3日にドイツのテレビで放映されたショーの一場面です。来年はこのシューベルトコーアが日本公演をするんですって? 今日の記事は私にはウィーン少年合唱団の記事のつまみ食いってところかな。 おっと、その前にいつか記事(125)でシャイなコメン…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

(115) こんな夢ってある?+続 Albtraum gehabt.

これまでにも何度もウィ―ン少年合唱団の夢は見て来ましたよ。 特に72年組の夢は数え切れないほど見ました。 でもね、今回の夢はどのクラスの夢でもないの。 きっと私のウィーンの友人が合唱団の来日の時期と重なって帰国する事が多い、なんて書いたメールを読んだので自分も帰国した感じの夢を見たのかなぁ。 Ich habe in der Ve…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

(94) 次からのペンフレンド ( メートリンク・Ⅷ) 71年

スイスから戻って、遅くとも9月の初めには帰国する予定でしたが、新しい友人達のお宅に招かれたりしているうちに時間が過ぎて行きました。 その頃母からの手紙に、黒猫が迷い込んでそのまま飼っているという知らせがあり、同封の写真を見たらその猫にとても会いたくなってすぐさま帰国の手続きをしました。←何とまた単純な理由 そもそも、…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

(93) 団員がストーカーされてる?

2014年12月2日のオーストリアのTVニュースにこんな記事が載っていました。          ウィ―ン少年合唱団の元コアファンとしては、腹立つ事この上ないんじゃわ。 以前に性的虐待のニュースを読んだ時も記事にするか、しまいか迷った事がありますが(今でも迷ってます)、この記事も実は迷ってます。 だって…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

(92) 次からのペンフレンド ( メートリンク  Ⅶ) 71年

スイスから戻るとすぐに、あのピアノの上手なギッティーが私を迎えに来ました。 旅行の前から彼女の家に何日か泊まる約束をしていたからです。 タマゴちゃんのお母様が反論していましたが、兄弟のいるタマゴちゃんやリズと違って、ギッティーは一人っ子だから、と言う事で承知する事になりました。 その時に、前に書いたレハールのオペレッタ…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

(84) ウィ―ン少年合唱団員でした Ⅰ

Ich war ein Wiener Sängerknabe. ウィ―ン少年合唱団にはいろいろな地方から入団して来た少年達が少なくない事はもう知っていますね。 Ihr wisst schon , dass die Wiener Sängerknaben aus verschiedenen Bundesl…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

(76) 次からのペンフレンド ( メートリンク - Ⅴ) 71年

「ウィーンの森少年合唱団」の前の記事 (⑮c) のコメントで、日本のお菓子のコマーシャルの動画がある事を聞いて、調べたら本当にありましたよ。 これは嬉しい・・・・なかなか綺麗に歌ってるじゃありませんか   此処は多分、セントガブリエル教会の庭ではないかと思うん…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

(74) 次からのペンフレンド ( メートリンク -Ⅳ)

タマゴちゃんの家からそれほど遠く離れていない住宅街に、変声して退団した来日組の少年の家があり、一度 『ピアノの午後』 に呼ばれて行きました。 なかなかイケメンな彼は、自分の部屋でピアノ曲を何曲か弾いてくれたあと、スマートにスッと立ちあがって他の楽譜に取り替えたのですが、その時に~・・・・・・座ってい…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

(69) 次からのペンフレンド( メートリンク -Ⅲ)

レオもどき君のクラスで折り紙の実演をしてからというものは、そのクラスの女の子達に何かと声を掛けられる事が多くなりました。 ぽっちゃり太ったリズは 真っ赤なほっぺたの青い目の女の子。 お父様は農業に従事する、真っ黒に日焼けしたがっしりした方です。 何度目かのお茶の時間に招待された時、 赤ん坊にミルクを…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

(68)   次からのペンフレンド( メートリンク ーⅡ)

ウィ―ンの森少年合唱団員だったタマゴちゃんは、今日も授業が終わってからプォ~っと自分の部屋で趣味のトランペットの練習をしています。   その間、私はそのうるさい雑音を避けて、庭のバラの花の近くに座って、ヴォイテクからようやく届いた嬉しい手紙を読んでいるのです。 彼の面影を胸に描き、ため息をつきながら何度も、何度も、何度も…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

(63) 42年振りのウィ―ンは、ウッソォ~だった 3 Wien nach 42Jahren

前の記事でウィーンのフンダートワッサーハウスについて書きましたが、 そのフンダートワッサーはオーストリアだけでなく、むしろドイツでの作品の方が多いと説明されました。 Im letzten Artikel habe ich über das Hundertwasser-Haus im Wien berichtet. Der…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

(62) 42年振りのウィ―ンは、ウッソォ~だった 2

自分の内心でアホらしい「ウッソォ~!」を繰り返しているうちに、自分の周辺では景色がどんどん変わっています。  あれ~、ここではタマゴちゃんとあの難しいオペラの「マクベス」を見たんだわ。 あの時は何だかわけがわからない内容だったけれど、舞台で這いずり回る灰色のモップみたいなもじゃもじゃのお化けだけはよく覚えているんだなぁ。 あれ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

(61) 42年振りのウィ―ンは、ウッソォ~だった 1     (ズノイモ+ウィ―ン)

1971年の春、私と友人が初めてウィ―ンの街に着いて滞在した当時、そこにこんな有名なケーキがあるなんて事は知らんかったのじゃ。 日本に戻って何年か後にこのケーキの名が知られるようになったんです。 しかし、しかしなのじゃ~、ウィーン旅行から帰った人は誰でも彼でも食べて来たと自慢する。 ・・・・もう、私だけが食べていないんです…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

(59) 二つ目の降臨節 :ウィ―ン少年合唱団演奏会(2)

演奏会の休憩中は会場は殆ど空になります。 皆ラウンジにシャンペンや、ワインやジュースやコーヒーを飲みに行くのです。 でも私は隣のドレスデン青年と席に座ったままで、アドレスの交換やおしゃべりで楽しい時間を費やしています。 彼は元ウィーン少年合唱団員達ともメル友で、すでに彼らに招待されてウィーンに何度か遊び…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more