テーマ:ウィーンオールドファンの時間

167 WSK-OdFのお部屋33/ekさんの思い出

    (写真はwww.vienna-unwrapped.com/vienna-pictures-palaces/より。) 長らくお待たせしました。 楽しみにしていた記事164からの続きがようやく載せられます。 第二行程ウィーン滞在日 そんなある日、69年に来日したタイマー隊のエンゲルベルト君がホテルに現れまし…
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

164 WSK-OdFのお部屋32/ekさんの思い出

  (今年のシェーンブルン宮殿の野外コンサートのテレビ場面より) お待ちどうさまです。 またekさんの旅のお話の続きが聞けますよ~、浮き浮き 私達がウィーンを離れて19日目になりました。 15日間の楽しかったソフィア滞在が終りになり、問題が起こるたびに支えになって…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

162 WSK-OdFのお部屋30/ekさんの思い出

私が英国旅行から戻るとekさんの旅行記の続きが届いていました。 私の旅行記はさておいて、オールドファンの私としてはこちらの方がずっと楽しいのでどうしても優先してしまうのですよね。 ま、自分の趣味のブログなんだから好き勝ってにやってます。 ウィーン滞在5日目 今日は友人と二人で、午前中東ドイツに行くためのチケット…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

161 WSK-OdFのお部屋30/ekさんの思い出

さぁ、1974年のekさんの旅のお話の続きですよ。 今日はどんな思い出を聞かせていただけるのかしら、楽しみです。 ウィーン滞在 2日目 一番最初のウィーンでの朝の目覚めです。 憧れていたこのウィーンの2日目は日曜日なのです 
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

160 WSK-OdFのお部屋29/ekさんの思い出

64年組のコンサートの出会い この画はekさんが私と同様に影響を受けてウィーン少年合唱団のファンになったきっかけの映画の場面です。 本当はこの「青きドナウ」の映画のドイツ語版を載せたんだけれど、消されてしまいました。 なんかなぁ~、出演しているのは61年来日組の団員達ですが、この映画を見ると、私の…
トラックバック:0
コメント:61

続きを読むread more

158 WSK-OdFのお部屋28/ekさんの64年組/67年組の作文

これは先日、ドイツ大使館がSNSに載せたセールス品です。 凄い宮殿だからクリックして大きくしてみてね。 アウガルテンパレスよりも風格があると思うんだけれどな。 http://www.deutschlandfunk.de/barockschloss-dornburg-kaeufer-verzweifelt-gesucht.1769.…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

135 WSK-OdFのお部屋25/ブルックナーコーアの気にかかるどうでもいい事

Über den alten Bruckner-Chor                                                   今年も暖冬だと思っていたら突然こんな雪景色になってしまいました。 これが太陽の光で溶けて、道が濡れたまま夜になって凍ってしまうと、翌日はツルッツルの恐ろしい路面氷結…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

134 WSK-OdFのお部屋24/1969年組/2015年映画

2016年1月1日 新年おめでとうございます。 今日はウィーンのニューイヤーコンサートのライヴを見ながらの贅沢な編集でしたから、引き続き今年もウィーン少年合唱団の話からになっちゃいます。 まいったなぁ~、でも、もうそろそろ止めることにしますからね。 年末にドイツのテレビでこの合唱団の最新の映画がありました。 この映画…
トラックバック:0
コメント:48

続きを読むread more

121 WSK-OdFのお部屋22/ 歌う天使達 『ウィ―ン少年合唱団』

ウィーン少年合唱団の出演した古い映画 この間のブログ記事では、もう少年合唱団からお別れって言っておきながらまた性懲りもなく・・・ダメだなぁ~。 でもはっきり言ってね、アメリカ紀行記よりこういうのを書いているの方がよっぽど楽しいんだわ~ あ、旅行記は続けて書いてはちゃんと編集してい…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

113 WSK-OdFのお部屋21/1972年組/幕を下ろします

2015年2月7日      (写真のダウンロードはお断りします)  さて、前回までの感情に溢れた72年組の想い出の連続記事はずいぶん長い時間を費やして、一喜一憂の複雑な気持ちで書きました。 その間は私はまたリッキーであ…
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

109 WSK-OdFのお部屋20/1972年組

                    カチンと来る事が多かったのに、やっぱり懐かしい人です                                プレフェクト これはあの素敵な思い出のあった1972年じゃなくて、それから16年後の1988年の事になります。 ベルリ…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

108 WSK-OdFのお部屋19/1972年組

お別れのその前日 合唱団の帰国の前の日に、小学生の弟のクラスメートの生徒が二人、どうしてもウィ―ン少年合唱団に会いたいと頼んで来ました。 私は昨日もらったルカからの手紙の返事を渡すために、この二人を連れて高輪プリンスに向かいました。 私達が着くと、運よくホテルの入口には帽子を被ったレインコート姿の彼らが沢山のファン…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

107 WSK-OdFのお部屋/1972年組

                   は~い、此処からは女子学生の読むロマン小説が始まりますよ~。       有難う ルカ少年   今回のウィ―ン少年合唱団もいよいよ最後に近いコンサートを迎え、もうすぐ彼らがまたこの日本から去って行ってしまう日も近づいて来ました。                    …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

106 WSK-OdFのお部屋17/1972年組

その少年の名は・・・   Der Name des Junges いくら頭をひねっても思い出せないんだけれど(思い出しました!) プレフェクトのへそが曲がっちゃた日があったんですよ。          これも当時のもらいものの写真です …
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

105 WSK-OdFのお部屋16/1972年組

エレベーターの騎士  ここになってようやく、去年の12月の奥さま連中(記事95)がキャァキャァ言って騒いだ場面が出て来ます。       オペレッタ『ヘンゼルとグレーテル』の最終場面より それは、東京近郊から来たファンの知り合いが、演奏会を聴く目的もあって高輪プリンスホテルに泊まりに…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

102 WSK-OdFのお部屋/1972年組

  私がこの合唱団と接した一番初めの日はこうして終わりになります。 ホテルの階上の廊下は、もうファンも団員達も誰一人いなくなって、ひっそり静まり返っています。 私達が急いで広いロビーに下りて行くと、そこにはまだ何人かの知らないファンが残っていました。 けれど、目指すカペルマイスターの姿は何処にもありませんでした。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

101 WSK-OdFのお部屋/ 1972年組

ボクちゃんと呼ばれた団員                   (ルカとの初めての出会い) コンサートを終えて軽い食事を済ませ、私達がホテルの上階の自分達の部屋に戻ろうと廊下を曲がった時、そこで見たのは何人かの制服姿のままの団員達が沢山の少女達に囲まれてサインに応じている光景でした。  (これは1…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

99 WSK-OdFのお部屋11/1972年組

     懐かしいディアンドルと最初のコンサート          (72年に描いていた漫画の表紙です。) その後、会場で会う時間を決めてカペルマイスターと別れた私達は、コンサートに行く着替えの為に、急いで同じホテルの自分達の部屋に戻る事にしました。 階下のロビーには何人かのファンがいましたが、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

98 WSK-OdFのお部屋10/ 1972年組

 初めにこの長いウッソォ~みたいな連載記事を公開するに当たって、これを書くきっかけを作って下さった“ 72年来日組”の通訳を務められたgillman氏に感謝いたします。 ドラケンスバーク専門のnatalさんからこれを書いた後に、72年組のプログラムのコピーをいただき、味気なかったページに当…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

(47)  次からのペンフレンド( ウィ―ン -Ⅱ)

さて、何とか共産圏の赤色にも染められないで、無事にウィ―ンに着いた途端、それぞれがお互いのペンフレンド達の家に招待されていた為に、友人と私は泣く泣く(でもないけれど)まったく別々の行動を取る事になります。                   入団当時のジェフ君 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

(43)  合唱団の懐かしいVW-Bus・・・

昔ウィ―ン少年合唱団が移動に利用していたバスがこの型でした。 映画「青きドナウ」でも、この小型バスがとても印象的でした。 だから、このバスを近くの店のショーウインドウで偶然見つけた時は、 あぁ~っとわめいてしばらく立ち止まって覗いていました それからは毎日買い物の途中でこのバスにうっとり…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

20 WSK-OdFのお部屋9/1969年組

1969年には私の大好きなウィ―ン少年合唱団が2年ぶりに来日しました。 嬉しい事に、前回来日した団員も何人か混じっていて、その中の一人は私とウィーン旅行をする予定の友人のペンフレンドです。 2年前に来日したその可愛らしい少年達はこの二年の間にそろって、まぁ一段とカッコ良い背の高い年長組に成長していましたよ。 …
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

14 WSK-OdFのお部屋8/1967年組

さ~て、話が前後しますが、超美少年マンフレッド君の来た1967 年は私が実際にウィ―ン少年合唱団と接した初めての年になります。 ま、64年組はバスの硝子越しに見ただけで、テレビの画面みたいなもの・・・とでも思わなきゃ、立ち直れないでしょうがァ。 ただ画面の向こうが私のチンクシャアッカンべ―に ←あれから…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

11 WSK-OdFのお部屋6/1972年組

ジャジャ~ン。 偶然って、あるものなのですなァ。 ウッソォ~、ってびっくりしてしまいました。 実はさっき、ずっと更新の無い”あるブログ”を見つけて今読み終わったばかりです。←最後の更新は1年前の2012年、でもまだ生きてるとあります。 2009年10月現在ウィ―ンでの記事なのですが、←4年前ですね。 ウィーン少年合唱団…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

8 WSK-OdFのお部屋5/ウィ―ン少1963年の記事みっけ

私の憧れたウィ―ンの団員達はこうだったの・・・・、と言う記事です。 1963年の「女学生の友」の記事の『切り抜き』を見っけた。 もう、紙の色が茶色くなって、シミが付いて字もはっきり読めない。 これもあの頃の級友が破いて渡してくれたものなんでしょうね。 あぁ、懐かしき友よ。 でも、これ、すっかり読めな…
トラックバック:0
コメント:163

続きを読むread more