テーマ:ちょっとウィーンの時間

179 何だかようやく春が来た

2018年4月21日、付け加えてバドピルモント~22日 これはアウガルテンパレスのバルコニーから撮った桜の木ですって。   何年か前の桜の写真だけれど日本から贈呈されたそうです。 今はこの桜ももうずっと大きくなっていて、今はアウガルテンの庭で満開でしょうね。 でもこの写真の桜は殆ど葉桜になっていない? …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

173 最近のパコラバンヌの宣伝

何回かこちらのテレビ広告で見たんだけれど、きっと喜ぶオールドの方がいるでしょうから消されないうちにアップしておきましょうっと。 な~んとなく好感が持てるんだなぁ~、このひっくり返るメッチェン達。 みんな17~8歳ぐらいじゃないのかな。 これは日本でも同じ動画が放送されているのかしら。 そのうちクリスマスに適した記事を…
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more

172 息子たちとの里帰り 1989年

前の記事にも書いた通り、保管しておいた写真も動画も音楽もPCからすっかり消えてしまったので、クロアチアの旅もアメリカの旅も、オールドの話も写真なしでは面白くないので書くのを諦めました。 そこで今日は編集し残してあるのを書き終えます。 私が9年振りに子供達と帰国(わたしゃまだ日本人のままです)したのは1989年の夏で、まだベルリン…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

171 3度目のクロアチア----題だけね

クロアチア グラダッチの漁師 2017年10月26日 木曜  さっきアクセス対象ページを見ていたら「ウィーン少年合唱団クラス」と言う検索があって面白半分にその言葉をグーグルに入れたらこんなサイトが見つかりました。 http://www.purposejapan.com/middle_europe/tours/PTC-2…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

170 初めは実にくだらない話題だけど・・・

本題はルカの後輩に当たるブルックナーコアに関するお話しなのだけれど、一つ気に掛かることがあるのです。 もしブラジルに住んでいる正体の知れないある初老の男性が、当時はそんな名前の隊なんて無かったのに、自分は1963年から1967年までウィーン少年合唱団のブルックナーコアの団員でしたって、ウィーン少年合唱団の出ているYuoTubeのあ…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

168 築地の火事がトマーナに火移り~枝分かれ

それは今年の8月3日の午前中の事でした。 -----って書いてる時点ではそんなに日が経っていないけどね。 (11日からは愚かな北朝鮮のロケットの話題の方が重大になりました。キムとトランプはこの世界に新しい戦争を増やすつもりだったのかしらね。あのたった二人だけの石の投げ合いからこっちにまで波紋が来るなんてのはとんでもない事です。) …
トラックバック:0
コメント:41

続きを読むread more

156 あら、もう2月

先日ヴォーダフォンの工事でケーブルが切られてしまい、10時間もテレビが見られない事がありました。 PCゲームにも飽きて、見たい番組も見られず、ネットで久しぶりに日本の連載ドラマを見つけたら、それが面白くてついにはまりました。 最初は「ぴんとこな」と言う2013年のイケメンドラマ。 日本の伝統芸能の歌舞伎の場面が出て来て嬉し…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

(138)実に勝手な思い込み

 私の第二の故郷の春は今ちょうど真っ盛り(写真は4月中旬)。 あのね、もうおかしくて仕方ないんだけれど、検索で「青木ドナウは真っ赤なうそだった」って入れて此処にやって来る人がいるんですよね。 それも一回や二回じゃないんですから、コンピューターって案外いい加減なんだなって、首をひねっています。 2月の初めに、前からひ…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

(136) 初恋の時期を想う時 Ⅱ

もう読んじゃった方、ごめん、追記してます。 そして今年(2016年)のThe Voice Kids を記事の117に追加しています。  初恋のラブレター 思春期の前から、私の初恋なんてのは数え切れないぐらいありました。 だって、思い込みの激しい私は、誰かをちょっと好きになると、すぐにそれが初恋だと思っちゃってましたから。 …
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

134 WSK-OdFのお部屋24/1969年組/2015年映画

2016年1月1日 新年おめでとうございます。 今日はウィーンのニューイヤーコンサートのライヴを見ながらの贅沢な編集でしたから、引き続き今年もウィーン少年合唱団の話からになっちゃいます。 まいったなぁ~、でも、もうそろそろ止めることにしますからね。 年末にドイツのテレビでこの合唱団の最新の映画がありました。 この映画…
トラックバック:0
コメント:48

続きを読むread more

(131) アルプスの秋の始まり 3

オーストリアのハルシュタットの雄鶏ってこんなにカラフルなんですよ。 明け方には、けたたましい声で鳴かないし、餌はやらなくていいし、糞もしないし、本当に手がかからなくて楽です。 それにとても性格が良くて、飼い主の好きな所に置くとそこでじっとお利口さんにしているんですよね。 あ~ぁ、一羽、買ってくりゃぁ良かったなぁって、この写真をじっ…
トラックバック:0
コメント:48

続きを読むread more

(127) 誕生日記念のアメリカ旅行 6

この可愛いワンちゃんは、私がサンフランシスコの坂道でハァハァやっていたら、一緒にあえいでくれたのでヒーコラパートナーになった記念に撮りました。  あのね、・・・ずっと躊躇していたけれど、これを良い機会にと、懐かしくなったついでに出してみた単なるバースデーカードに、全く思いがけない言葉が返って来ました。    {%クロ…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

(124) 日本のルカ猫のお話 Mein Lukakaetzchen

これはウィ―ン少年合唱団72年組が日本演奏旅行を終えた後の話です。 でも合唱団とは全く関係ない捨て猫ちゃんのお話ですからね。 その前に、本題とは関係のないとっても嬉しい事が、・・・・・本当に嬉しい事が幾つかありました。 さァ~て、その一つはね、、オールドファンのブロ友たちから戴いた団員時代のル…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

(116) 初恋の時期を想う時 1

は? 何でまたそんな事を書き出すんだって? ウン・・・心が未だにあの72年組の回想記に掻き廻されているからかな。 だって、42年間も抱き続けて来た夢のような思い出を筆にしたためたら それがまた昨日のように生き返ってしまったんですものね。 そりゃぁ、私にとっては12~3歳はとっくに経験済みの過去の話だけれど現在その年代の子共や…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

(111) ドレスデン十字架少年合唱団

昨日はドレスデンの州立歌劇場ゼンパーオ―パーで恒例の舞踏会が開かれて、その開会式ではドレスデン少年合唱団が素敵な合唱を披露してくれました。 ごめん、ごめん。 突然始まってしまったので最初の部分を取りそこなってしまったわいな。 ソリストが実に自然な子供らしい声で愛らしい。 この少年はゼンパ―オ―パ…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

(95) お隣さん達、まぁ、お元気で

「あらまぁ、今日はいったいなにしましょう」 我が家のお隣のS老夫婦は旧東ドイツの人達で、年金生活に入ってもう10年以上になりますが、S夫人が定年退職した翌日、口に出した初めての朝の言葉がこれだったそうです。 私は再婚してから(←シレッと言うところがハァ)ずっと主婦業だったので、年金受給者になっても別に何…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

(91) ベルリンです 5 / 壁の開いた日        

あぁ、あの重苦しいい灰色のベルリンの壁が開いてから今年でもう25年も経つんですよ。 先日、ハロウィーンでお菓子をもらいに来た子供達は東ドイツもシュタ―ジ(国家公安局)も国境警備隊も西ベルリンを囲んでいた壁も、ホンワカと頭の中でしか知らない。 ましてや、自由の為にこのベルリンの壁を乗り越えようとして殺された若者達が136人…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

(81)  FIFA2014とその他もろもろ  3

7月13日 日曜日 ドイツ対アルゼンチン 決勝戦 決勝戦を前にベルリンには大きなパブリックビューインが幾つか用意され、この日はブランデンブルク門には35万人以上ものファンが早くから集まりました。 私の息子達もFBで浮き浮きと友人達と待ち合わせを呼びかけ合っています。 学校に依っては翌日の授業を3時間目から繰り下げ…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

(66) なつかしい初恋物語

先日また昔の思い出に繋がる懐かしい映画にぶつかりました。 トニー・ザイラーの初恋物語なんですよ~ 私の歳ぐらいの方なら知っているはずのトニー・ザイラーが演じています。 私はウィーン少年合唱団のファンになってから、団員との文通にうつつを抜かす傍ら、その合唱団やオーストリアや…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

(43)  合唱団の懐かしいVW-Bus・・・

昔ウィ―ン少年合唱団が移動に利用していたバスがこの型でした。 映画「青きドナウ」でも、この小型バスがとても印象的でした。 だから、このバスを近くの店のショーウインドウで偶然見つけた時は、 あぁ~っとわめいてしばらく立ち止まって覗いていました それからは毎日買い物の途中でこのバスにうっとり…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

13 え、ウッソォ~!こんな世界があったの?

私がウィ―ン少年合唱団の虜になってドイツに来てしまった所以・・・ この1963年代の写真の制服の少年達を見ると、彼らのファンになりた立てだった少女時代に見た頃とは大分印象が変わっていて・・・・・ お気付きでしょうか。 映画「青きドナウ」の前のウィ―ン少年合唱団の制服の胸には    ”まだ、ワッペンがついていなかっ…
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more