テーマ:此処での時間

191 初夏ですからね

ドイツは雨期が無い代わりに、この時期になると急にとんでもなく暑くなったり、急にまた気温が下がったりしています。 もうすぐホワイトアスパラの時期も終わりになって、今度はイチゴが出回り、その次はサクランボになります。 我が家の庭には小さなバラが一本だけ鉢植えになっていて、ようやくたった一つの花を咲かせています。 ところでこの記…
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

175 オールドのみんな、2018年になりましたね

今年一番初めに言葉を交わしたのはプッ夫クンの次に、まず横浜にいる母でした。 日本はすでに朝の8時過ぎになっていましたが、こちらはまだ真夜中で、表では四方八方からシルベスターの大きな花火の音が聞こえています。 その爆音に猫たちが怖がらないようにすべてのシャッターを閉めていたので、うるさいのは部屋のテレビ放送のブランデンブルク門での大騒…
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

(138)実に勝手な思い込み

 私の第二の故郷の春は今ちょうど真っ盛り(写真は4月中旬)。 あのね、もうおかしくて仕方ないんだけれど、検索で「青木ドナウは真っ赤なうそだった」って入れて此処にやって来る人がいるんですよね。 それも一回や二回じゃないんですから、コンピューターって案外いい加減なんだなって、首をひねっています。 2月の初めに、前からひ…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

(125) 誕生日記念のアメリカ旅行 5

『ウィーン少年合唱団  ポンコさんヨハンのことありがとう』 昨日のこのブログのアクセスレポートで、この言葉の検索がありましたけれど、シャイな方からのコメントの代わりの沈黙の合図と受け取ってもいいのかな。 どうにもそうとしか思えなくて何だか、とても嬉しくなりました。  検索先が記事6(69年組)になっていたので多分ヴルストバウワー君…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

(95) お隣さん達、まぁ、お元気で

「あらまぁ、今日はいったいなにしましょう」 我が家のお隣のS老夫婦は旧東ドイツの人達で、年金生活に入ってもう10年以上になりますが、S夫人が定年退職した翌日、口に出した初めての朝の言葉がこれだったそうです。 私は再婚してから(←シレッと言うところがハァ)ずっと主婦業だったので、年金受給者になっても別に何…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

(9) さやいんげん取らしてよっ!

手の込んだ料理が面倒で、たまにスープ用の骨付き牛肉を使って、プッ夫クンの好みの、こ~ってりした野菜のシチューを作る日があります。 入れる野菜はカラフルにして人参、玉ねぎ、セロリ根、さやいんげん、ポワロ葱、そしてジャガイモ。 冷蔵庫を開けると、あれ、さやいんげんが足りなかったわい。 プッ夫クンにならば別になくても良い色なんだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more