テーマ:旅の時間

203 クルーズでの結婚記念日と現在のCOVID-19 

去年の12月に中国の武漢の市場から、あっという間に世界旅行に参加してしまった「2019-nCoV」と命名された病原性のウイルス。 この名前は後で「COVID-19」と変わっていました。  私は中国になる前の香港で海鮮市場を見て来ましたが、あちこちに水たまりなどが出来ていて実に不衛生な場所だと思ったものです。 1950年代のアメ横の…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

200  2019年のクリスマス

石畳の道ですべって手足を捻挫して、一か月過ぎた今でもかなり痛~いのって、やっぱり高齢になっている証拠でしょうね。 ま、これも自然の流れですから素直に乗って行きましょうや。 今年のクリスマスはまた小旅行と決めて、今回はバルト海に面するポーランドの湾口都市のシュチェチンに3泊して来ましたが、お天気が悪かったのでこの快晴の写真はWik…
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

196 アルプスへの旅 2ヒンタービヒル

Gewidmet dem ehemaligen Wiener Sängerknaben, die hier den Sommer verbracht hatten. 2019年8月13日 新鮮な空気の中でヒンタービヒルの初めての朝を迎えます。 あっ、あの山の形は。遠くに見えるのあの山並みは映画「野ばら」のあの場所に違いないと思…
トラックバック:0
コメント:35

続きを読むread more

194 アルプスへの旅 1ヒンタービヒル

2019年8月2日 金曜日 薄曇り 5時40分 我が家より出発 11時30分 南ドイツのプファッフェンホーフェン。ホップの畑が続く。 (しかし曇っていたので、これは借りた写真です)ローゼンハイムの手前のブルックミューレから幾つかの渋滞にぶつかり、無料だが退屈なアウトバーンでの時間が無駄に過ぎて行く。 国…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

しばらくお休みします

メンテナンスの後、ブログ玉が無くなって気落ちしています。 コメントを下さらなくても気持ち玉で足跡を残してくださった方がいたからお話も楽しみだったのですが、今は何だか、のれんに手押し、お豆腐に指を突っ込んでいる感じです。 ブログ玉が復活すると言う事ですが、私は記事をそれまで休みますね。 ルカから念願の72年来日組のアジア演奏旅行…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

192 今度はウィーンの夏でした 5

2019年6月17日  月曜日 私の泊っている近代建築は窓を閉めると静かでぐっすり眠れます。これは2016年の工事中のウィーン南駅前を、当時泊っていた古いホテルから撮った写真ですが、ビル建築のクレーンは今でも建っています。 今の私のホテルMotel oneはあの中央駅の向こう側です。 こうして、ウィーン旧市街もモダンなビルに囲…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

192 今度はウィーンの夏でした 4

2019年6月16日 まだ日曜日です ミサの後の朝食、と言うよりもすでにブランチになりそうですが、みんなは人混みをぬって冷房の効いたオーバーラーに向かっています。 日差しが強くて頭がボウッとなる寸前、ライニーさんから実に意地悪そうに「君はXX(髭の生えた案内役の青年・名前を覚えていません)に、僕が古くて厳しい時代の団員だから…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

192 今度はウィーンの夏でした 3

2019年6月16日 日曜日  日曜日ですよ。 それもモーコアが今シーズンで最後に歌うミサの日曜日です。 カーテンを開けると今日もまた青空が広がっていますが、窓から手を出してみると、昨日程暑さを感じないので、帽子をかぶる必要も無いと嬉しくなりました。 もう、あの帽子にはこりごりしましたからね。 それ程お腹も空いてい…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

192 今度はウィーンの夏でした 2

先日、ブログの経営元が大規模なメンテナンスたるものをして、このブログも前の設定と違くなってしまいました。 ブログ玉も今は有りませんが、2ケ月後には戻してくれるとかで心待ちにしています。 おしゃべりが嬉しいのでコメント欄が変わってしまっても書き入れてくださいね。 私はしかたがないのでこのままの状態で書き続けます。 2019年6…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

192 今度はウィーンの夏でした 1

冬にベルリンで聞いたモーコアの歌声を、今度は夏のウィーンで聴きましょうよと、ファン友からお誘いを受けました。 私がOKしたのはウィーン少年合唱団が夏休みに入る前の、モーコアの歌う最後のホーフブルクでのミサ曲です。 日本の友とのベルリンでの思い出も楽しくて簡単にOKしました。 https://ponko3.at.webry.info…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

184 結婚記念日の外国旅行 2

さぁ、今日はテルアビブと合併した港街のヤッファを見学に行きますが、その前に一番気になるのがイスラエルの朝食ね。 右に見えるのはパパイヤとオレンジのジュースですが、オレンジジュースが美味しくて、それだけで朝食がいらないくらい飲んでしまいそう。 ヤッファ(ジャッファ)の甘いオレンジって知ってるかしら。 ドイツにはイスラエルからのオレン…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

184 結婚記念日の外国旅行 1

危険なイメージのイスラエルになんか行きたくねぇっちゃ~。 --------と、ず~~~~っと思って来ました。 ユダヤの歴史とか嘆きの壁にも興味はないし、コーシャ料理も退屈そうだし、行きたがっているプッ夫クンにはこれまでにもずっと「勝手に一人で行って来てね」と言い続けてきました。 ところが胆嚢手術の後が調子良過ぎたはずみで、気が…
トラックバック:0
コメント:35

続きを読むread more

181 衝動的なウィーン訪問でした 4

2018年8月31日 金曜日: 追記を記事の初めに書いてしまいます。 だって、初めてブログ玉が 50 をこの記事で越したのですよ~ 今日はこれを記念してベルリンに二回目のウィンナコーヒーを飲みに行ってきちゃいますからね。 以前の記事にも少しづつブログ玉が増えていますが、そこでのおしゃべりも楽しみにしていますから…
トラックバック:0
コメント:64

続きを読むread more

181 衝動的なウィーン訪問でした 3

 2018年6月23日 土曜日 ウィーン観光日記 晴天の6月なのにちょっと肌寒い気のする土曜日、蝶の家を出た後、ウィーンの友人は私達と美しいパルメンハウスに沿う道を歩きます。 何処に出るのかな、と思ったら「戦争とファシズムへの記念碑」のあるアルベティーナ美術館の前でした。 此処の広場に…
トラックバック:0
コメント:68

続きを読むread more

181 衝動的なウィーン訪問でした 2

 2018年6月23日 土曜日 ウィーンにて 昨日はホテルに戻って床に就くと瞬く間に深い眠りに陥っていました。 普段はベットに入ると1時頃までドラゴンちゃんと遊んでいるんだけどね。 あ、でもドラゴンが国を再建し終わったら私はどうしたらいいのよ~。 さて、ウィーンの友人は今日の朝食…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

181 衝動的なウィーン訪問でした 1

そう、この題の如く、全くの予定無しで、大好きなサッカーのワールドカップの真っ最中に突然ウィーンに行ってきたんですよね。 今ね、初回戦で日本が勝ち、ドイツが最初から負けてしまった、その4年に1度のワールドカップよりも、手元にある無料で綺麗な絵のマージドラゴンのお遊びのほうが気になっています。私好みの画像で、へばりつき病がここでまた発生し…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

180 小さな春のスウェーデン 2

誰ですかい、ekさんやtackさん以外に前の記事でいい加減にポコポコとブログ玉を付けたのは。 アクセス数の割にブログ玉が20個以上付くのは、此処では普通なら6週間以上掛かるので、変な約束しちゃっても安心しきってドラゴンと遊んでいたのに、前回の記事には5日間のうちにもう20を超しちゃっていました。 おい、名無しのブロ友さん、私とここで…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

180 小さな春のスウェーデン 1

春眠暁を覚えず------とは言え、ドイツの春は4時ごろから明るくなって、愛らしい小鳥の鳴き声で朝早く目が覚めるのです。 だけれど、息子からタブレットをもらってから、寝床の中でゲームのmerge dragonをしているので、プッ夫クンが朝食を用意して、しぶしぶ可愛いドラゴンから離れて起きるのは9時近くになっています。 はぁ~、真面目…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

172 息子たちとの里帰り 1989年

前の記事にも書いた通り、保管しておいた写真も動画も音楽もPCからすっかり消えてしまったので、クロアチアの旅もアメリカの旅も、オールドの話も写真なしでは面白くないので書くのを諦めました。 そこで今日は編集し残してあるのを書き終えます。 私が9年振りに子供達と帰国(わたしゃまだ日本人のままです)したのは1989年の夏で、まだベルリン…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

171 3度目のクロアチア----題だけね

クロアチア グラダッチの漁師 2017年10月26日 木曜  さっきアクセス対象ページを見ていたら「ウィーン少年合唱団クラス」と言う検索があって面白半分にその言葉をグーグルに入れたらこんなサイトが見つかりました。 http://www.purposejapan.com/middle_europe/tours/PTC-2…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

167 WSK-OdFのお部屋33/ekさんの思い出

    (写真はwww.vienna-unwrapped.com/vienna-pictures-palaces/より。) 長らくお待たせしました。 楽しみにしていた記事164からの続きがようやく載せられます。 第二行程ウィーン滞在日 そんなある日、69年に来日したタイマー隊のエンゲルベルト君がホテルに現れまし…
トラックバック:0
コメント:63

続きを読むread more

166 英国への旅 2

前回の旅(記事163)は英国に入った途端にスペースからはみ出ちゃったので、此処ではどっぷりと英国のみに浸かります ほら、想いに耽り、春風に吹かれてそぞろに足を運ぶこの制服の少年が余りにも詩的な雰囲気だったので、思わず車からキャッチしたの。 注: 私のブログ写真はどれもクリックして大きくしないとだめだからね。 この写真はイギリスで一…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

164 WSK-OdFのお部屋32/ekさんの思い出

  (今年のシェーンブルン宮殿の野外コンサートのテレビ場面より) お待ちどうさまです。 またekさんの旅のお話の続きが聞けますよ~、浮き浮き 私達がウィーンを離れて19日目になりました。 15日間の楽しかったソフィア滞在が終りになり、問題が起こるたびに支えになって…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

163 英国への旅 1

先月の初め、車でイギリスの春を味わいに行ってきました。 プッ夫クンがイギリスはドイツより暖かいよって言うから、単にその誘いの言葉に乗ってしまっただけです。 確かに向こうの方がこちらより温度は高かったようですが・・・。 ベルリンを出たとたん、アウトバーンで始めっからこれだからね。 でも、すっ飛ばしたブランデンブルグ州は…
トラックバック:0
コメント:47

続きを読むread more

162 WSK-OdFのお部屋30/ekさんの思い出

私が英国旅行から戻るとekさんの旅行記の続きが届いていました。 私の旅行記はさておいて、オールドファンの私としてはこちらの方がずっと楽しいのでどうしても優先してしまうのですよね。 ま、自分の趣味のブログなんだから好き勝ってにやってます。 ウィーン滞在5日目 今日は友人と二人で、午前中東ドイツに行くためのチケット…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

161 WSK-OdFのお部屋30/ekさんの思い出

さぁ、1974年のekさんの旅のお話の続きですよ。 今日はどんな思い出を聞かせていただけるのかしら、楽しみです。 ウィーン滞在 2日目 一番最初のウィーンでの朝の目覚めです。 憧れていたこのウィーンの2日目は日曜日なのです 
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

159 えっ、と愉快な北の国から

2017年3月24日金曜日  この日の前日、 もう春が君の扉を叩いていますように って、 ルカから早春の嬉しい挨拶が届きました。 でも、我が家の周りはまだマロニエも菩提樹もはだかのままです。 見て そのはだかの木にカササギが巣を造りに来てるって事は、春が…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

157 北国のレモン・ザンドルン

一昨年の結婚記念日はバルト海沿岸の小さな街の小旅行でした。 最初の日はとても風の強い日で、土手に立って両手を広げて背中を海に向けると、そのまま後ろにひっくり返ろうとしても風の力で押し返されるくらいでした。 そんな事をすると、まだ小さかった頃、強風の日に弟と二人で多摩川の土手でそういう遊びをした事が思い出されましたっけ。 そ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

148 クラクフとアウシュビッツへのバス旅行 

2016年9月15日~18日 朝5時45分に我が家を後にして、ベルリン・アレキサンダープラッツ駅近くのバスターミナルに着いたのは6時45分。 バスは7時15分に出発するはずだったのに、30分も待たされたましたよ。 これが判っていたらちゃんと家で朝食を取れたのに、先を見る能力なんて持ち合わせていないので、コーヒーも飲まずに家を出…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

147 ウィーンの街の顔と魂 5

ウィーン郊外のグリンツィングの街を一人でそぞろ歩きしている時に、ホイリゲの庭の片隅で静かに咲いているバラを心に留めました。 これを目にして、少年の歌う優しい響きのあの曲がふと胸に浮かびます。 インターネットをやり始めて、YouTube なるものに出会い、まだウィーン少年合唱団がそこで聞けると知らなかった頃にこの曲を見つけまし…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more