169 WSK-OdFのお部屋34 /60年代元団員

そして私は今でも歌っています。 
        Und so singe ich weiter.


画像

musik-noten-0063.gif von 123gif.de  ムント隊の少年 
         Ein Sängerknabe des Mund Chors

あのね、記事の45に来たコメントのお返事を書いていたらこのウィーン少年合唱団の美しいボーイソプラノの歌が頭に浮かんだのですよ。
Während ich auf die Kommentare vom Artikel 45 geantwortet habe, fiel mir das Lied mit der wunderschönen Sopranstimme von Wiener Sängerknaben ein.

http://video.fc2.com/content/201112195hubV3UQ/&otag=1&tk=TnpFd016RTVNalE9

このレコードの指揮は1962年から64年までウィーン少年合唱団で指揮をしたウーヴェ・ムントさんです。
このソロはきっとその隊の少年なのか、どうもよく私の脳波に合ってくれるんだなぁ。
Da der Dirigent Uwe Mund in Jahr 1962 bis 1964 die Kapellmeister der Wiener Sängerknaben war, muss dieser Solist wohl der Junge dieser Zeit sein, denn die Singstimme entspricht angenehm meinen Gehirnwellen

ところで記事145のコメントでZENさんが「ぜひponkoさん、無名のウィーン少年合唱団員ソリストの事について新しい記事にしてアップしてください。」と望まれました。
そこで元団員だった友人のラィニーさんに、この古い録音曲の事を聞いてみたのです。
すると彼はこのレコードを知っているばかりでなく、実際に持っていました。
Übrigens, nach Wunsch von Frau ZEN mit ihrem Kommentar in Artikel 145
" Liebe Ponko, ich bitte dich herzlich um weitere Berichte über unbekannte Solisten der WSK. ", habe ich tatsächlich einen Freund Reini-san zu diesem alten Aufnahmenlied befragt.
In der Tat ist er im Besitz dieser alten Platte.


画像
彼に送ったFC2動画に付いてはこんなお返事がありました。
Zu dem fc2Film habe ich diese Antwort bekommen.

"Leider ist mein Exemplar schon sehr zerkratzt und ich konnte das Ständchen wieder in besserer Qualität hören"
「残念ながら私のレコードはもうひどく傷だらけになってしまっていますが、この動画で再びまた綺麗なセレナーデを聞く事が出来ました。」

まぁ、なぜそんなに傷だらけになったの?
だって、このレコードは団員になった彼の最初の録音だったから。
そう、ラィニーさんはこの曲を歌っているムント隊の一員でした。

彼はこのレコードを何度も何度も繰り返して聞いて来たのね。
Wieso wurde die Platte so zerkratzt ?
Na, klar----weil das für ihn die erste Aufnahme war, wo er als WSK dabei war.
Ja, er war ein Sängerknabe des Mund Chors, der das Lied singt.
Sicherlich musste er sich immer und immer wieder diese Platte angehört haben.

上の写真で第一アルトのほぼ真ん中にいるのが団員時代のラィニーさん。
Der Junge, der auf das Bild oben fast in der Mitte des 1. Alt, ist Reini, als er in dem Chor war.
驚いた事にその時の彼のプレフェクトは、1971年に私がアウガルテン宮殿を訪れた時の案内役の先生でした。
Sein erster Präfekt war überraschenderweise derjenige, der mich 1971 im Augartenpalais geführt hat. 

ラィニーさんが団員だった1961年から1966年の間の指揮者は替りに替わってランク、ツァイリンガー、ムント、マウラー、そして最後に臨時交代のヘルムート・フロシャウワーだったそうです。
Während er von 1961 bis 1966 bei den Wiener Sängerknaben war, hatte er viele Wechsel der Kapellmeister, zuerst Gerhard Lang, dann Roman Zeilinger, Uwe Mund, Wolfdieter Maurer und zum Abschluss Helmut Froschauer, erlebt.
Sein letzter Kapellmeister war Hr. Froschauer, da Hr. Maurer den Chor von Helmut Froschauer für eine Amerikatournee Anfang 1966 übernommen hatte.  
Aber als der Froschauer Chor 1964 auf Japantournee war, war jedoch Reini in einem anderen Chor. 

画像
これはラィニ―さんの初めての国内演奏旅行の時の写真で(多分体育館でしょう)、この時の指揮者はローマン・ツァイリンガーさん。
ラィニ―さんは後列の一番右で歌っています。
彼はその時丁度、エーベン湖で誕生日を迎え、その次にグムンデンに向かった事を記憶しているそうです。
美しいトラウン湖畔のそれらの街は、その美景で有名な場所です。
Das war auf seiner ersten Tournee in Österreich (wahrscheinlich in einer Turnhalle). Sein Kapellmeister war in der Zeit Roman Zeilinger.
Auf diesesm Bild singt er rechts hinten in der 2. Reihe.
Er erinnert sich noch, dass der Chor gerade an seinem Geburtstag in Ebensee war und dann nach Gmunden gefaheren ist.
Die beiden Orte liegen am wunderschönen Traunsee und sind landschaftlich sehr bekannt

画像

「指揮者ツァイリンガー」で調べたらこの聖夜曲が見つかりましたが、当人の彼はピアノ伴奏をしていて指揮のほうはプライヤーでした。
これは1961年の8月に収録されたもので、ラィニ―さんはその後の9月に入団しています。
つまりこの録音には加わっていないって事-----ざんねん。
Nach Dirigent Zeilinger habe ich gesucht und diese Weihnachtslieder gefunden. Jedoch spielte er Klavier, Dirigent war Player. Die Aufnahme war leider vom August 1961, da Reini erst im September zu dem WSK gekommen ist.
Das heißt, er war bei dieser Aufnahme nicht dabei----schade.

それにしてもものすごく美しい合唱ですよ~~~
でもこのレコードの写真の少年達は彼の隊ではありませんって。
Trotzdem eine wunderschöne Aufnahme.
Die Buben auf dem Blid sind aber nicht in seinem Chor

余談ですけれどね、お仕事で忙しいご両親を持ったラィニ―さんはウィーン出身ではなかったので、入団してから初めて二か月後に、ようやく二日間だけ家に戻れたそうでした。
Übrigens, Reini, dessen Eltern mit ihrem Beruf sehr beschäftigt waren, kam nicht aus Wien. Seit er zu den zum WSK kam, konnte er erst nach zwei Monate später zum ersten Mal für 2 Tage nach Hause kommen.

"Meine Eltern hatten kein Auto und ich musste mit dem Autobus 2,5h mit 9 Jahren alleine nach Hause fahren. Und es war sehr wenig Zeit zu Hause. Samstag nach der Probe am Nachmittag fuhr mein Bus um 16:30 in Wien weg, einmal dann umsteigen und um 19:00 war ich zu Hause. Da wir bereits am Sonntag am Abend im Internat sein mussten, fuhr ich bereits um 13:00 von zu Hause weg. Und das war einmal nur alle 3 bis 4 Wochen."
「家には自動車がなかったので、二時間半のバスの道のりを9歳で一人帰宅しましたが、家で過ごす時間も大変短いものでした。
土曜の合唱練習の後、4時半にバスはウィーンから出発して、一度乗り換え、夜の7時に家に着きました。
日曜の夕方には寄宿舎に戻っていなければならなかったので、昼の1時には家を出ました。
それも3週間か4週間に一度のことでした。」

彼は自分の子供時代に両親の元であまり長く過ごせませんでした。
ウィーンに住む子供たちはそんな思いはしなくてもよかったのですが、この経験はかえって彼に有利になりました。
Er konnte das Elternhaus in seiner Jugendzeit nicht oft sehen.
Wenn auch die Wiener Kinder so eine Zeit nicht hatten, diese Erfahrung war ihm doch Vorteil gewesen.

"Ich bin (schon damals) selbständig geworden", hat er mir geschrieben.
「私には(当時すでに)自立心がありましたよ」って書いて来たから。

彼はムント隊で二度の西洋と全西独演奏旅行をしました。
このデニス氏夫妻でひっくり返っている兵隊さんがラィニーさん。
きゃんわゆ~~~~~~~い   
In der Spieloper Mrs & Mr Denis war Reini der liegende Soldat .
                 So süuuuuuuuuuuuuss 

画像
これは1965年にマウラー隊と南アフリカに演奏旅行した時の写真です。
Er war mit Kapellmeister Uwe Mund auf 2 Europatourneen, große Deutschlandtournee und auf einer Südafrikatournee mit dem Maurerchor 1965.
画像

"Ich weiß nicht mehr wann es war, am Flughafen Schwechat wurde ich mit einem Kollegen mit 2 Japanerinnen fotografiert."
「もう何時だったかよくわからないのですが、シュヴェヒャート空港で私は仲間と二人の日本女性と一緒に写真を撮られました。」
画像
後でわかったのですが、これは「女学生の友」の取材で撮った写真で、この二人のカッコイイ女性は表紙のカバーガール(モデル)でした。
そして彼の最後の演奏旅行でフロシャワーさんの伴奏でアルトのソロを歌ったのはドイツのアデナウワー首相官邸でした。
Er sang auf seiner letzten Tournee mit Helmut Froschauer als Altsolist im Bundeskanzleramt von Deutschland.
画像
1965年8月9日にマウラー隊として南アフリカに演奏旅行に出たのですが、11月中ごろから12月の初めまでイギリス公演をし、12月23日までドイツ公演でした。
約4か月半の演奏旅行だったわけですが、12月の初めにフロシャウワー指揮者がマウラー先生と交代にやって来ました。
マウラー指揮者はウィーンに戻り、フロシャウワー隊を引き連れてアメリカ公演に行くことになっていたからです。
マウラー隊1966.jpg1966年にクリスマスのレコード用に撮影されたマウラー隊。

musik-noten-0063.gif von 123gif.de  そして少年合唱団から男性合唱団へ
       Vom Knabenchor zum Männerchor

画像ラィニ―さんの変声後の寮では、彼の部屋仲間の一人がなんとタイマー隊のミハエル君。
それに記事8のヨハン君とも友達なの
こうしてたまに思い掛けなく懐かしい名前が出て来るのがオールドとしては嬉しくてありません。
Nach seinem Stimmbruch wohnte er im Mutantenheim und einer seiner Kollegen war Michael vom Theimer Chor. Dazu ist er ein Freund von Johann im Blog Artikel 8 .
Man freut sich ja so, wenn man solchen für uns nostalgischen Namen ab und zu von ihm unerwartet hört.

画像
1970年に最初はグレゴリア聖歌をコラルスコラで、次にはコーラスヴィネンシスで歌い始めたのは来日組から外れたヴォルフラム君とフロシャウワー隊のヴォルフガング君、タイマー隊のロベルト君そしてラィ二ーさんの4人でした。
Sie waren zu viert, Wolfram, der nicht auf der Japantournee war, Wolfgang (Froschauer Chor), Robert (Theimer Chor) und Reini, als sie 1970 zuerst in der Choralschola und dann beim Chorus Viennensis zu singen begannen. 
画像
このアルバムは1990~95年にホーフブルク礼拝堂で録音されました。
Dies Album wurde 1990~95 in der Hofburgkapelle aufgenommen .

私が去年訪れたホーフブルクのミサで、特にその歌声に感激した男声合唱団、つまり祭壇の左の聖歌隊(コラルスコラ)の一員としてラィニ―さんが歌っていらしたのですね。
そんな事全然知らなかったわ~。
少年合唱団と上で一緒に歌うのはウィーン国立歌劇場の男性諸君だと先日教えてもらいました。
Als ich vorjährig die Hofburgkapelle besuchte und besonders von diesem Männerchor in der Messe beeindruckt war, war Reini auf der linken Seite des Altars als ein Mitglied der Choralschola (Chorus Viennensis) dabei.
Natürlich habe ich so was gar nicht gedacht.
Er sagte mir neulich, dass die Herren, die bei den Messen in der Hofburgkapelle mit den WSK singen, vom Staatsopernchor sind.

画像

 
"Ja, ich singe immer wieder bei neuen Projekten im Chorus und auch etwa jeden 2. Sonntag in der Choralschola der Wiener Hofburgkapelle. Ausgenommen Ferienzeit Juli und August wenn keine Messen sind"

「7月と8月の夏休み中のミサの無い時期を抜かしては、私はよく合唱の新しいプロジェクトや、毎回2週目の日曜日にはウィーン王宮礼拝堂の聖歌隊で歌っています。」

ラィニ―さんは2009年5年間の聖歌隊の会長に票決されました。
仕事の傍らでのそれは非常に挑発的な事態でしたが、それを上回るとても楽しい時間でもありましたって。
2009 wurde er zum Obmann des Chorus für 5 Jahre gewählt. 
Es war neben dem Beruf sehr herausfordernd, jedoch für ihn darüber hinaus eine sehr schöne Zeit gewesen. 


そしてこれが決まった時は、日本に行ったことがなかった彼は自分の聖歌隊とウィーン少年合唱団との一緒の旅に心を弾ませていました。
この写真の後列真ん中にはタイマー隊のヴォルフガングさん、その右横にラィニ―さんがいます。
Weil er noch nie in Japan war, hat er sich auf diese Reise vom Chorus mit den WSK gefreut. Auf dem Bild in der letzten Reihe in der Mitte ist Wolfgang von Theimer Chor und daneben rechts Reini.

画像

でもその直前に職場での昇進にぶつかり結局はその為にウィーンを離れることが望ましくなくなりました。
Dann wurde er beruflich gefördert und anschließend erlaubte es ihm seine Aufgabe nicht Wien zu verlassen

2015年3月8日には聖歌隊は楽友協会でのブラームスのドイツレクイムの演奏会で男声合唱に参加しました。
8.3.2015 hat der Chorus beim Konzert im Musikverein "Ein deutsches Requiem" von Brahms den Männerchor unterstützt.
画像
その時の一緒の合唱団が着物姿の約80人の日本女性のBe Beauty Churusだったそうです。
演奏会の後で紳士諸君は三つの記念品をいただきましたが、まだ手許にあってその時の演奏会を思い出すそう。
Dabei war der japanische Chor Be Beauty Chorus mit ca. 80 Frauen im Kimono. Nach dem Konzert bekamen die Herren die 3 Gaben. Diese hat er noch immer aufgehoben  und kann sich so immer wieder an das Konzert erinnern.



さて、あの最初のレコードで聞いたラィニ―さんのお返事の続き。
嬉しくて、悲しいお返事のね。
Nun, als ich nach die oben genannte Platte gefragt habe, bekam ich eine Antwort------eine freudige und traurige Antwort.
嬉しかった事は、もちろんラィニ―さんがこのレコードの録音に参加していたからなんです。
画像彼のクラスには第一ソプラノのソリストが二人いましたが、大いにあり得るのはあのセレナーデを歌ってくれたのはこのルドルフ・フィラファー君。
Die Nachricht hat mich so gefreut, dass Reini bei der Aufnahme dieser Schallplatten dabei war. Sie hatten damals zwei 1. Sopransolisten und es muss Rudolf Fillafer gewesen sein, der die Serenade gesungen hat.
その後でムント隊のDVDがウィーンから送られて来た時は驚喜しました。
Ich war höchst begeistert, als ich dann einen DVD von Mund Chor aus Wien bekommen habe. 
私がその一部をPC画面から撮ったもので動画はポンコ質ですけどね。
Da ich dieses Teil von PC gefilmt habe, ist die Filmqualität leider so Ponkomässig, na ja. 

https://youtu.be/Lo-iNaIAN70

動画ではピアノの横で歌っているのがルドルフ・フィラファー君です。
こんな素敵な歌声であのセレナーデを歌ったこの少年は、その時この歌詞の若者のように誰かに熱い想いを寄せていたのかしら。
----でも、その次に読んだのは、惜しい事にも彼がずいぶん早くに脳腫瘍で亡くなっている事でした。
Der Junge, der neben dem Klavier singt, ist Rudolf Fillafer.
Ich fragte mich, ob dieser Junge, der diese Serenade mit solch einer  wundervollen Singstimme sang, an demTag besondere Gefühle für jemanden hatte, wie etwa für den jungen Mann in dem Lied.
Aber dann habe ich gelesen, dass er sehr jung an einem Gehirntumor gestorben ist.

画像


その歌を聞きながらルドルフ君は今、虹の橋の国にいて、ハルハマ君やペチェク君やヴォルフィーさんと一緒に楽しく歌っているのだと思わずにはいられないのです。
Beim Musik hören stelle ich mir zwingend vor-----Rudolf ist sitzend auf der Weide, in dem Land hinter der Regenbogenbrücke und mit Pecek, Harhammer und Wolfi zusammen fröhlich singt.




最後にこの記事にご親切な協力をしてくださったコーラス・ヴィネンシスの団員のラィニ―さんに本心からお礼申し上げます。

画像
blume-0173.gif von 123gif.de Zum Schluss möchte ich mich bei dem Mitglied des Chorus Viennensis Reini-san recht herzlich bedanken, der mich bei diesem Artikel voll unterstützt hat.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

ek
2017年09月09日 00:27
ライニーさんに心よりお礼申し上げます。
なんだか心がふるえています。
本当にこの素晴らしいページのすべてに感謝です。
Ponkoさん ありがとうございます!
今日は眠れそうにありません。でも寝て この記事に書かれている素晴らしい光景を夢みたい!
ライニーさん、ありがとう!
ドイツ語でご挨拶出来ない事ごめんなさい。


yuka
2017年09月09日 01:08
こんばんは
今回も私の知らないWSKのお話ですが、知っているかもしれない団員さんのお名前に懐かしさでいっぱいになりました。
お写真があるタイマー隊のミハエルさんとは、67年組のM・ホッファーさんですよね?
大人っぽくて背が高くて、優しそうなお兄さんだったことを覚えています。
それから、WSK+コーラス・ヴィネンシスのコンサートが日本で聴けたなんて、凄すぎて宇宙の彼方に飛んで行きそうです\(◎o◎)/!
ponko310
2017年09月09日 02:24
ekさん
もっと書きたかったんだけれど、もう余白が無くなってしまったの。
だから、また続きは機会を見て書きますね。
日本語のコメントでもグーグルで翻訳して読めますって。
ひどい訳になるのはわかっているけれど。
本当にとんでもない訳になるのよね~。
ponko310
2017年09月09日 02:35
yukaさん
知らなくても、その歌声は私達の聞き慣れた昔のウィーンの響き。
オールド達の懐かしい歌声なのよね。
そう、あなたの言う通りの団員よ。
今は芸術的な舞台装飾のお仕事をしてるみたい。
絵の上手な少年だったんですって。
え~っ、日本にいたのにコーラスヴィネンシスとウィーン少年合唱団が来日したのを知らなかったの?
私は勿論知らなかったけどね。
ホーフブルクのヴィネンシスの歌声には惚れ惚れしたわ~、ポワ~~~~ン。
ヤマチャン
2017年09月10日 22:29
 ponkoさん!どんどん人脈がひろがっていきますね~!!オールドにとって60年代の情報や話題は、本当に貴重でうれしいです。
 そこでお願いです。以前にもお願いしたソリストたちのこと、ライニーさんに聞いてもらえませんか?フィリップスからでていたレコードで55年から63年に録音されたフロシャウワー隊の「野ばら」「ます」モーツァルトの「ハレルヤ」、ラング指揮の「聖夜」を歌っているソリストです。一人でも分かったら、うれしいです。もしかしてそのレコードもライニーさんが歌っているかもしれないですよね?しつこくてすみませんが、よろしくお願いします。きっと私以外のオールドの方たちも、知りたいと思っている方は大勢いると思います。
ponko310
2017年09月11日 10:36
ヤマチャン
このコメントをいただいてすぐにラィニーさんに聞いてみました。
かなりの時間を掛けて調べてくれたにも拘らず、ソリストの名前は見つからなかったそうなんです。
此処の記事のように自分の隊なら判るんでしょうけれどね。
それが録音された時はラィニーさんは他の隊だったもの。
ルカも書いて来たように、隊はそんなに他の隊に会う事は無いんでしょうね。
でも、レコードのナンバーとジャケットの写真があればまた追及できる可能性はありますねってお返事をいただきました。
ヨーロッパのジャケットと日本でのジャケットって同じなのかしらね。
ヤマチャン
2017年09月11日 23:13
 早速調べていただけて、恐縮です。やはり分かりませんでしたか。
 映像の記録のあるもの以外は、難しいのでしょうね。パリ木は戦前のものでもソリストの記録があるようですが、ウィーンは長らく公表されてませんでしたからね。それでもこのブログで「野ばら」でウヴェ・タイマー氏が歌っていたことなどがわかって、うれしかったです。手持ちのレコードはいわゆるベストアルバムで、いろんな年代の演奏が混じっているので、正確なことはわかりません。ライニーさんにはくれぐれもよそしくお伝えください。ponkoさん、どうもありがとう!!
ponko310
2017年09月12日 06:28
ヤマチャン
そのタイマー指揮者がNHKの招待で一回目の来日に団員として来ていたのも知っていた?
カぺルマイスターはゲルハルト・トラック氏でウーヴェ君は第一ソプラノだった。
当時、デユッセルドルフから東京まで飛行機で40時間も掛かったんですって。
そのトラック氏自身も42年から48年までウィーン少年合唱団員だったそう。
ヤマチャン
2017年09月12日 19:27
 タイマー氏が第一回のメンバーだったことは知ってました。でもソリストだったことは、知りませんでした。
 実は第一回の招聘を実際に行ったのは、知り合いの人だったのです。生前に何度かお目にかかったこともあるのですけど、気楽にお話できる方じゃなかったので、今頃になって当時のことを聞いておけばよかったと、後悔しております。
トラック氏のことは、ぜんぜん知らなかったです。「野ばら」は、第一回来日組が出てたんでしょうか?そういえばmaaさんのブログを見たら、二回目の指揮者が亡くなったそうです。
ponko310
2017年09月12日 23:05
ソリストとソプラノの読みまちが~い。
第一回の招聘はウィーンに留学していた有馬さんのお陰では?
野ばら出演は第1回目の来日組。
私もmaaさんのブログでマイヤーさんが亡くなったことを知りました。
と同時にウィーンの友人からも同じ知らせが届いて明後日お葬式があるそうです。
実際には9月3日の日曜日にお亡くなりになられたそうですが、10月8日にはMuthで彼の追悼式が行われると報告がありました。
58年に録音されたクリスマス曲のレコードには彼の名前が連なってるの。

maa
2017年09月13日 01:05
一人のチャーミングな声のソリストが、アベントリーダーという古いアルバムで「お星さまいくつ」を歌っています。誰だかわからないその声こそ、私の永遠のボーイソプラノです。歌っていた子は、もし健在ならば70歳ぐらいでしょうか。

今回も素敵な記事をありがとうございます。この季節にきく「秋の歌」は格別のもの悲しさを呼びます。ルドルフ君ともう一人の少年の映像は、YouTubeにあふれるウィーン少年合唱団の動画の中でも、とびきり美しいと思いました。
この二人の歌をこれほど愛おしく思うのは、戻れない過去に少しだけ戻れたような気持ちになるからかな。この姿とこの声のまま私の記憶に刻まれました。

紹介してくださったクリスマスのLPレコードを持っていたので、ジャケット裏面を見てみました。オルガンの演奏者としてツァイリンガーさんの名前がありました。指揮者はプライヤーさんとフルトモーザーさん。芸術監督がグロスマン教授。

マイヤー指揮者のことは詳しく知らなくて、ただ訃報のみになってしまいました。
ponko310
2017年09月13日 07:59
このコメントを読んだら昔への懐かしさで胸が締め付けられる思いに駆られました。
このムント隊の動画は1964年12月にオランダのテレビ局で放送されたものです。
質も音もあまりに古くて綺麗ではないのですが、オールドには実際の歌声が想像できると思います。
ちょうどこのころ若きオールド達は日本でフロシャウワー隊に無中になっていたのですね。
それにしてもmaaさんの永遠のボーイソプラノの男の子は誰だったのかしらと気になりだしました。
そのレコードがグロスマン指揮者だとしたら58年に録音されているとしか書いてないので判らないのですね。
自分で紹介しておきながら持っていないプライヤー指揮者のレコードをmaaさんが持っていた・・・・やっぱりmaaさんは私の上を行くオールドファンでござる。

2017年09月13日 21:11
ponko様
 懐かしいお名前がいっぱい出てきましたね。懐かしい・・の一言です。
 ところでマイヤーさんって第2回来日時の指揮者クサヴヴィエ・マイヤーさんですよね。以前書いたと思いますがウィーンのペンフレンドの合唱団の指揮者でした。1970年代の事ですが・・
亡くなった事をこのブログで知りました。
ご冥福をお祈り申し上げます。
ponko310
2017年09月13日 23:11
越後の雪椿さん
そうです。
クサヴァ・マイヤーさんです。
85歳でいらっしゃいました。
ルカのプレフェクトのハネスが団員だった時の指揮者でもあったし越後の雪椿さんのお友達の指揮者でもあったのですから、なにかどこかで繋がっているっていう気がしています。
長い間ご病気だったそうですが、安らかにお眠りにつかれたことを祈ります。
2017年09月16日 22:22
こんにちは

いつも楽しく拝見しています。記事に教えていただくことばかりで、他の方のように気が利いたコメントができず恐縮です

この間、意外なところにウィーン少年合唱団の楽曲が私用されているのを発見して、すぐご報告しようかと思っていたのですが、あれこれしているうちに度忘れしてしまい(いよいよヤバい気が・・)また思い出しましたらご連絡します。

日本の何かの主題歌を担当していたのですが・・・

懐かしい団員さんが、もう亡くなっていたと聞くと本当に悲しいですね。人はいつかは亡くなってしまうものですが、公演などで見かけたりしたことがある団員さんや、ファンだった団員さんが、もう亡き人だったと思うと あの時の出会いやファンだった当時が、今生の別れになってしまう事もある

本当にその時その時の出会いを大事にしないとと思いました。
ponko310
2017年09月17日 04:31
ねぎちゃん
いつもながらコメントを有難う。
ずいぶん古い話でごめんなさい。
その上ウィーンファンでない若い方には申し訳ないページです。
えっ、どんなところでウィーン少年合唱団の歌が出て来たんだろう、気になる。
誰か教えてくれる方が出てこないかな。

ネットなんかやっていなかった時はウィーン少年合唱団の事を忘れていたんですよね。
それがこうやっていろいろな事が判って来ると、昔の事が気になりだして、知らなければよかった事までわかってしまう。
それだけ人生に味が付いたのですが、メランコリックな気分も大いに混じっています。
こりゃ~、気分転換に今度の旅行の記事を楽しいものにしなくちゃならんわ。
ZEN
2017年09月17日 16:29
Ponkoさま、こんにちは!無名のソリストについて記事にしていただきありがとうございます。私もこのムント隊のレコード(ラベルが白く再発売したもの)を持っています。セレナーデはソロと合唱の掛け合いが美しく、60年代の力強くメリハリの効いた合唱は素晴らしいです。私のLPではB面に入っているWohin?のソリストも美しく素敵な歌声ですが、ルドルフさんの声とは違うような気がします。でも動画の中のルドルフさんの真摯な姿は歌声と共に団員としての矜持が感じられます。
89年に来日したコーラス・ヴィネンシスとウィーン少年合唱団との共演は聴きに行きました。戴冠式のミサ曲、素晴らしかったです。
今は、共学の上級学校も併設されて変声期後も合唱団で音楽を学べる環境が整っていますね。最近レーゲンスブルクについてのニュースに心が痛みましたが、大人になっても歌い続けることができるコーラス・ヴィネンシスがあることはWSKの卒業生にとって良いことだと思います。ラィニーさん、Ponkoさま、ありがとうございました。
ponko310
2017年09月17日 18:06
ZENさんのお目に付いて良かった。
私のアップした動画は古くて音が揺らいでしまっていますが、それでも当時の毅然とした歌いぶりが嬉しくて懐かしくてオールドの方達と分かち合いたくなったんです。
当時独特の歌声のラ・パストレラもアップしたかったのですが、余白が無くなって諦めました。
今のウィーン少の学校は---現実的な事になってしまいますが、女の子を入れて男女共学にすることによって公務員などの人件費の援助が市から受けられるそうですが、それって思春期の男の子にとっては嬉しい変化でしょうよね。
89年にコーラスヴィネンシスが来日したんですね。
お~、夏に私達が里帰りした年、ベルリンの壁が開いた年でした。
あなたのコメントを読んでライニ―さんも喜ぶでしょう。
はっぴー
2017年09月25日 10:09
お久しぶりです♪
いにしえのWSKの歌声にしばし癒されました。
まさに天使の歌声!
67年組のミハエル君って私の記憶によるとブロンドの髪をした皆より頭一つ背の高い少年だったかしら。
ここに来ると懐かしい写真を見れたり歌声を聴けるのが嬉しいです。ponkoさん、いつもありがとう
最後になりましたが、私もマイヤーさんのご冥福を心からお祈り申し上げます。(合掌)
YUKARI
2017年09月29日 20:06
9歳で2時間30分バスに乗ってって、凄いですね。
私が一人でバスに乗れたのは、15歳でした。
高校がバス通学だったので、おっかなびっくり。
自立もかなり遅かったですね↓(でも自立出来てよかったです)
それからライニ‐さんは笑顔が変わらないので、ライニ‐さんって分かりますね♪
ponko310
2017年10月02日 18:19
はっぴーさん
お久しぶりですね。
最近では余りにもブログ更新が稀なのでその言葉をいただけるのも気が引けるくらいです。
でもコメント欄ではいつでもおしゃべりする用意がありますよ。
そう、ミハエル君は銀髪のスマートな少年で、確か青い目だったと記憶にあります。
私にとって二度目に会うウィーン少年合唱団のクラスで、まだ団員に話し掛けるのは恐れ多き気持ちで一杯でした。
遠い昔の事ですが、そんな頃の気持ちが懐かしく、このブログもあの頃の想いや歌声を沢山詰めて記事に出来ることが嬉しくてなりません。
と同時に、そのころの指揮者や団員やファン友の既報を受けることもオールドとしては避けられないのですね。
さて、これから先、またどんな情報が待ち受けているのかしら。
ponko310
2017年10月02日 18:41
YUKARIさん
私が初めて一人で乗り物で遠くに出かけたのは17歳の頃。
仙台の祖父母に会いに行った時でした。
ライニーさんじゃないけれど、二時間近く掛けて叔母の家に行ったのはやはり9歳の時でいつも弟が一緒でしたっけ。
私は一人では怖くて、何処に行くにも何かと弟を引っ張りまわしていた気がします。
今でも自立心がしっかり身に付いていなくて、旅行はまだ一人ではしたくありませんから、誰かブロ友が来るのを待っています。
でも、私の息子は6歳で一人でバスで通学してたんだわ。
子供を見習わなくては!!
しょっちゅう国際間を往復しているルカは偉い!
一人でウィーン少年合唱団に入団して来た外国の少年達はもっと凄い!
maa
2019年07月31日 07:58
ponkoさま
間違って何も書かないコメントがそちらに行ってしまいました。
しかもponkoさまの認証なく、記録だけ残ってします。消してくださいね。
さて本題に移ります。やっと見つけました!
国会図書館で見た「女学生の友」の写真(記事)をどこかで見たと思って、なかなかブログ記事の中から見つけられず探していました。
シュベヒャート空港でライニーさんが撮影された日本人女性は「女学生の友」のモデルというか、読者代表みたいな方たちでした。なぜ空港かというと、ムント隊が南アフリカに出発する直前だからです。
ponko310
2019年07月31日 18:31
maaさん

わぁ~、凄いニュースをありがとう。
早速ライニーさんに知らせます。
図書館での発見はきっと嬉しいものが沢山あるでしょうが、かなりの神経と集中力を使わないと見つけられないでしょうね。
maaさんが時間と努力を掛けて見つけてくれた貴重な記事や写真をブログで拝見させて頂けた事、とても嬉しく思います。


ryo
2019年11月15日 00:35
ponko様

60年代に浸っております。ルドルフ・フィラファー君、全く知らなかった団員をponkoさんのブログで知りました。60年代はすばらしいソリストがあまたおりますが、何度も「秋の歌」(この歌、好きなので)を聴いていると、フィラファー君のソプラノは本当に美しいです。フィラファー君は、「セレナーデ」と「秋の歌」以外にも何か歌を残していますか?
何歳で亡くなられたのでしょうか?今もご健在なら、ピューリンガー君くらいの年齢ですね?
ponko310
2019年11月16日 15:47
ryoさん
私もルドルフ君の事はブログに書いてある以上のことは知りませんが、とても歌の上手な少年でしたね。
この子の歌声にうっとりしていた後で、亡くなっていたことを知った時は胸が詰まりました。
この少年のオペレッタを見たかったです。