175 オールドのみんな、2018年になりましたね

今年一番初めに言葉を交わしたのはプッ夫クンの次に、まず横浜にいる母でした。
日本はすでに朝の8時過ぎになっていましたが、こちらはまだ真夜中で、表では四方八方からシルベスターの大きな花火の音が聞こえています。
その爆音に猫たちが怖がらないようにすべてのシャッターを閉めていたので、うるさいのは部屋のテレビ放送のブランデンブルク門での大騒ぎ。
画像

電話はすぐに繋がって(昔は回線の混雑でいくら掛けても繋がらない時間帯とかがあったのですよ)向こうから聞こえてくるのは年が明けても明けなくても、いつも通りの元気な母の声。
年末はどう過ごしたか聞くと、「あぁ、いつもと同じだよ。」
「な~に? じゃ、もう7時に床についたの?」
「当り前じゃないか、調子が狂っちゃたまんないからね。」

母は大正13年の生まれですから、私がウィーン少年合唱団に夢中になっていた年代の頃、母のその時代は第二次世界大戦が始まっていました。
うわっ、うわっ、こりゃぁ~、大した違いなんだわ。

オールドの皆さん、あなた達はご自分のお母様の思春期や青春時代の頃のお話を伺っていましたか?
私は日本にいる頃はそんな話は母との間で一度もなかったのですからね。
何しろ母は自宅経営の工場で若い住み込み工員達の食事の面倒や仕事の事務処理や、気難しい夫(我が父じゃ)と幼い私たちの世話など何から何まで一人で切り盛りしてきた人でした。

母は横浜の女子高校を卒業すると日本飛行機と言う練習機の製造会社で会計の仕事に付いていました。
そのうち午後になると微熱が出る日が続くようになり、体がだるくなって食欲も無くなって来たのです。
レントゲンの検査を受けると結核に掛かっていると言う診断でした。

その時代は薬も食料も不足していて、民間人は結核に掛かると殆ど死ぬ覚悟をしなければならなかったそうです。
滝練太郎も森鴎外も竹久夢二も結核で亡くなっちゃってるんですよね。

その頃の母達の住む家は円山町にある平屋の長屋でした。
部屋は6畳と3畳の2つしかなかったのですが、玄関の土間に小さな部屋を作って母の静養のためにベットを買って置いたそうです。

すでに第二次世界大戦日本局面の大東亜戦争が初まっていました。
その時の母はまだ18歳でしたが、上司や仲間が結核で亡くなったと次々に知らせが来るので自分も真近な死を覚悟したそうです。
けれど、ただベットに横たわっているだけが毎日なら、せめて吉屋信子の少女小説を読みながらその主人公を自分に置き換えて空想の世界で生きようと決心しました。

病は気からという諺は理由なくしてあるわけじゃなかった。
素敵な空想の世界を描きだすようになってから、母はその1年後に結核を克服したのです。
母の結核は本物の病だったけれど、本を読みながらすてきな空想をすることによって、幸せホルモンが分泌され、それがきっと結核菌への抵抗力をつけてくれたのだと思いました。

え?新年早々私が何を言いたいのかって?
そんな空想と同じく、幸せホルモンの分泌に役に立つ『思い込み』だってみんなにも大いにやってもらいたいって事。
オールドファンはいつまでも青春時代を生きているんじゃ~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年01月07日 12:11
大好きなponkoさま、明けましておめでとうございます。
今年も色んな場所で、美しい風景や美味しいモノを、ブログで紹介してくださいね!!楽しみにしています。
ponkoさまのお母さまが結核を克服なさった話、素晴らしいです。諺や故事成語って深い意味があるものなのだな~、っていうのは歳を取ってから気付いたけど、若い時から知っていたらもっと有意義に過ごせたかも、なんて今頃思うのはバカですね。
ponkoさまは若い時からご自分の好きなコトにエネルギーを使っていたから、今のponkoさまになったのでしょう。同年代の女子よりシッカリされていたのだと想像しますよ~。
知識だけじゃなくて、行動しないとね!
ponkoさまは本当に、憧れの存在です。
ponko310
2018年01月07日 20:35
はいはい、pananaさん
あけましておめでとう。
大好きなとか憧れのなんて言われて、単純タヌキはいい気分に浸っています。
もし妹がいたらこんな風に慕ってもらえたのかなぁ~、なんて想像してにんまりさせてもらっています。
でもねpananaさん、お言葉ですが私の若い時と言ったらクラスでいつも一番年下だったので甘えん坊でした。
そのくせ一匹狼でどんなグループにも属せず、本を読んだり手紙を書いたりばかりで行動派ではありませんでした。
ブログの中の人物はあくまでも読む人の印象で、実際の本人と一致するわけではないことを念頭においてくださいね。
でも、妹が欲しいなぁ~。


ek
2018年01月08日 08:02
七草が明けました。皆さん七草粥は食べましたか?あっ!Ponkoさんの所は後30分しない今日にならないのですね。
新しく更新された今年の記事へのコメントで再度ご挨拶させていただきます。昨年は本当にありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Ponkoさん、なんですか!この大切な場所を不真面目な所とは…大家さんがそんな事言ってはいけません!ここに集う方々は皆さん真面目なんですから(中にはユーモラスに盛り上げて下さる素敵な方々もいらっしゃいますが)…あっこんなご挨拶していたら、また受け付けてもらえなくなってしまいそうですね。
Ponkoさんのお母様のお話ありがとうございます。母への想いを改めて感じさせていただきました。
母の青春時代の話の中の思い出は「真っ赤なグラジョーラスと山盛りのお茶碗のご飯」です。
幼い頃から会社の食堂で働いていた母は、地方からやって来た真面目な作業員に憧れ、恋をしました。ある日、縁が結び 彼を社員寮の自分の部屋に招待しました。ドキドキしながら、彼を待つ部屋には一面にその時の安い給与にしては大枚を払って真っ赤なグラジョーラスを飾って、母は彼の到着を待っていたそうです。
裏のおじ様が笑いながら良くおっしゃっていたものです「皆お腹がすいて山盛りのご飯に飛びつくんだけど、参ったよ。お父さんのお茶碗にはその倍位のご飯が盛られていたんだから」って。
晩年認知症になった母は亡くなるまで夕方になると「皆が疲れて帰って来る時間だ!食堂に行かなきゃ!待っているから」と家を出たがり、私達家族を悩ませました。
母の頭の中では、食堂で疲れてお腹をすかせた若い父や作業員さん達の姿が浮かんでいたに違い有りません。
Ponkoさんのお母様の思い、母を思い 改めて母の存在って凄いな!って思わせていただきました。
yuka
2018年01月08日 14:01
姐さま
ア、ハハハ・・・ウィーンからのユーモラスなお届け物に顔の皺が何本か増えた気がします。

私の母も戦争経験者です。
激戦前に田舎の親戚に疎開していたらしく、夜空に花火のように映る近隣都市の大空襲を目の当たりにして恐々としていたそうです。

海外のジルベスターの様子はこちらでもニュースでよく放送されますよ。
花火、爆竹(?)まぁ賑やかなこと。
日本でも最近はカウントダウンショーがあちこちで催されるようになって毎年かなり盛り上がっています。
しかし、11月頃からハロウィン、クリスマスマーケット~クリスマス、カウントダウンと短期間にイヴェント事が多すぎて、年明けが途端に寂しくなります。

「病は気から」
天使の歌声とはよく言ったもので、私はこの天からの贈り物にいつも心癒されています。
トスカーニさんの比喩は素晴らしい!

今年も姐さまのブログやWSKで幸せホルモン様に沢山お出ましになっていただき、皆様とともに幸せな1年を過ごしましょう。

ponko310
2018年01月08日 19:24
ekさん
今年の新年のご挨拶を再びありがとうございます。
ekさんのお母様、あの時代に赤いグラジヨーラスを飾って人を待つなんて、なんてロマンティックなお話しなんでしょう。
恋をしたお母様はその方と結ばれてekさんが生まれたのね。
うわ~、ekさんがこんなに情緒豊かなのは、ご両親の愛をいっぱい育まれていたからだったんだわ。
そんな家庭だった私の学生時代のピンクのワンピースの友人はウィーン少年合唱団からグループサウンズに乗り換えてしまいましたが、それまでは少女小説のヒロインみたいに私の憧れの人でした。
彼女も同じ64年組のファンだったし、何だか彼女とekさんと重なりそう。

え~、私がこの不真面目なブログの大家さんだったって事、言われるまで気が付きませんでした。
そういえば、ここにはほかの方のお部屋も幾つか作ってあったんだ
っけね。
大丈夫、いくらロビーでふざけていても、そのお部屋の管理ばかりは真剣に受け止めていますからね。
そうか、私は管理費の入らない慈悲深い大家さんだったんだ。
よし、みなさん、ここは無料ですよ~。
お部屋を無料で提供しますよ~。
ただし、まじめで優秀でボーイソプラノに関与した思い出のあるオールドの方達のみですからね。
今年も私はそんな方を見つけてここに引っ張ってくるのかしらん。
ponko310
2018年01月08日 20:03
yukaさん
今年の初記事に初笑いの声のコメントをありがとう。
今年も大いに笑い皺を増やしましょうね。
あんなに美しい声で歌っていた憧れのウィーンの団員たちの顔にも今は沢山の深い笑い皺があるのを見て、皺が一段と愛おしくなっています。
ん?・・・・私は変態か。

yukaさんのお母様は疎開なさっていらしたのね。
大空襲を見ていらしたなんて、さぞ怖かったでしょうね。
戦争後に生まれた私達にはその時の恐ろしさが想像もつかないと思います。
母は疎開せずに、空襲の時は防空壕に入っていたそうです。
寝るときは壁に寄り掛かったままのうたた寝で、栄養失調のせいで体のどこかを打つとすぐに傷になってそこが膿んだそうでした。
今、こちらにはシリアから戦争避難民が多すぎるほど来ていますが、難民受け入れに反対する人も増えています。
それも世界大戦を経験している老人もですからね。
のど元過ぎれば熱さ忘れるっていう諺は現実なんだなぁ~とも思うけれど、そんな人は恐ろしい空襲に会っていなかった寒村の住民だったのかもしれないな。
でも、私だって「郷に入らば郷に従え」をしない外国人は国に帰れっていう意見になりつつあります。
日本が日本でなくなり、ドイツがドイツではなくなる日が来るのが怖い。
あのカッコいいクルツ゚首相の行く方向には反対じゃないんだわ。
あ、またコメントから外れちゃった。

ね、これだからこのブログはいい加減だって言うのよね。




はっぴー
2018年01月11日 13:57
遅ればせながら新年おめでとうございます。
ブランデンブルク門も年明けは花火でスタートですか🎆
ザルツブルクで迎えた年明けを思い出しました。
日本はかすかに聞こえる除夜の鐘で始まりますが、
どうも海外のほうが派手なようですね。
キングスカレッジ合唱団にヘリウムガス、なるほどね
この動画を皮切りにWSKの動画も色々見入ってしまいました。
ponkoさんのお母様から戦時中を生き抜く女性の強さを感じました。
ポシティブな姿に感動!でした。私も”病は気から”の言葉、納得です。
「スチュワーデス物語」も懐かしいです♪
私、こう見えても(ってどう見える?!)昔は堀ちえみさんに似ていると言われてました。今は太っちゃってムーミンに似ていると言われますが。(^^ゞ 何はともあれ、今年もよろしくお願い致します_(._.)_
ponko310
2018年01月11日 20:45
はっぴーさん、こちらこそ今年もよろしくね。
そう、こっちは何処もシャンペンとキスと花火で賑やかに新年がスタートです。
私もキングスカレッジからウィーンの動画に移っちゃった。
日本の戦前戦後の女性は本当に凄かったでしたよね。
戦争を体験した母は私の女の生き方のお手本です。
私は夫にも子供にも頼らずに生きていきたいわ。
それにはまず健康でいなくちゃね。

あなたにとって懐かしい『スチュワーデス物語』は私にとって初めて。
『少女に何が起こったか』と『セレブと貧乏太郎』も見終わって、今は『美しい人』っていう動画を見ています。
昔は有料のサテライトでしか見れなかった日本ドラマがこんな次々にYouTubeで簡単に見られるなんてこの上なき幸せです。

うわっ、いま堀ちえみをネットで調べたらすんごい美人じゃないですか。
それでお年を召して少しぐらい太っても絶対に魅力的なままだと思うわ。
いいなぁ、私は昔はちゃんとポンコだったけれど、今はすっかりポンコツですから。
yuka
2018年01月14日 23:06
姐さま
ホーフブルク教会ミサのお部屋がなくなっていましたので、こちらでご報告させていただきます。
私も荘厳なミサに参列して参りました。
鐘の音で始まる臨場感たっぷりの演出(?)(ディレクターの感性?)で、まるでチャベル内にいるよう、演奏もとても素晴らしかったです。
ありがとうございました。
WSKにウィーンフィルメンバー、コルスなどがBGMを奏でるなんて世界一贅沢なミサですね。
さて、スケジュールにはモーツァルトコアの写真が載っていましたが、演奏旅行中のはず。
何組が歌ったのでしょうね。
観光客のために最後に歌ってくれる曲も聴きたいなんて思ったら、気持ちよく浸っていた脳内仮想チャペルからつまみ出されました(´◉◞౪◟◉)
ponko310
2018年01月15日 02:45
yukaさん
あなたも聞けて良かった。
演出も何も、あれはホーフブルグ礼拝堂からの実況放送だったのよ。
あの報告に気が付いたのは運のよい証拠。
時間までには63回のアクセスがありましたがそのうちの何人の方が運に恵まれたのか。
時々接触が悪くて聞けなかったところもあったとか。
鐘の音のすぐ後にコルスがグレゴリオ聖歌を歌ったでしょう。
あの素敵で男性的な声がすべてウィーン少年合唱団員だった事を思うと感慨深いです。
モーコアの写真はあの放送とは関係ありません。
今回はミサの後、少年たちは祭壇の前で歌わなかったそうでした。
ま、そういうこともあるのよね。
ponko310
2018年01月15日 07:55
ちなみにyukaさんのコメントは今日消した「ウィーンからお知らせ」の記事に関することです。
ただのお知らせのためだけに木曜日からミサの終わる今日の11時までこのブログに載せておいたものですが、今は必要が無くなったので消しました。
yuka
2018年01月15日 12:30
姐さま
私の環境では、マイクがハウリングしたようなピー音が、短時間、聴取に問題なく鳴ったくらいでしたよ。
パソコンから聞こえてくる鐘の音のリアルさに初っ端から「やられた~!」と思いました。

ponko310
2018年01月15日 17:28
あ、あの単時間の「ピー」の音は私も気が付きました。
私のパソコンのせいかなと思っていたのですが、録音の時の失敗だったんですね。
私はラジオブレゲンツで聞きましたがあなたは何処の放送を選んだのでしょうね。
yuka
2018年01月15日 23:35
姐さま
名前は覚えていないけど、一番上の局です(^^)
joku
2018年01月16日 00:13
いつまでかは不明ですが、オンデマンドで聴くことができます。
http://religion.orf.at/radio/stories/2887816/
ホーフブルクからのは数年ぶりみたいですね。過去のは古すぎて聴けませんでした。
ponko310
2018年01月16日 02:51
jokuさん
初めてのコメントでこんなに嬉しい情報を載せてくれるなんて、このブログは本当に幸運に恵まれているんですね。
ありがとう。
私もさっそく聞いているところです。
嬉しいな~、これで聞き逃した人も聞けますね。
本当にどうもありがとう。
ponko310
2018年01月16日 03:46
yukaさん
ごめん、ごめん。
今調べたらラジオブレゲンツなんていうのはなかった。
私もあなたと同じで一番上のラジオブルゲンラントで聞いていたの。
今またオンデマンドで聞いています。
ちょうど最後のオルガンの曲よ。
ひろみ
2018年01月17日 09:11
遅ればせながら…
明けましておめでとうございます。
今年もponkoさんのブログ、楽しみにしてます。
面白い記事、美味しい食べ物の画像等々、お待ちしています(^^)

私にとって、新年早々残念な事がありました。
ここ数年、毎年、楽しみにしていたウィーン少年合唱団コンサート、会場が工事中の為、今年は開催されないんです(T_T)
「是非、行きたい!」と言ってた友人と楽しみにしてたのですが、残念でなりません。
この友人、昨年5月にドイツ旅行へ行ってウィーン少年合唱団に興味を持ったみたいで、仲間ができたと私は喜んでいたんですが…。
先の長い話ですが、来年に期待します。
2018年01月17日 13:29
こんにちは
驚いたのブログ玉を投げたのはおいらでございます。

病は気から、本当に参考になるお話ありがとうございます。理想や目的があるとないとでは全然違うというのを最近痛感していた次第で、本当にハッとしました。
私は一度、西村京太郎さんにはまって劇的に鬱が良くなって復職したことがありましたが、今思うと殺人事件のミステリーで元気になるのもいかがなものか(笑)

驚きその2は、スチュワーデス物語です。私もちょうど昨日全話観終わったところだったので、奇遇だなぁと思いました。
私がリアルタイムでこのドラマを見ていたのは小学生の頃でしたが、今でも生涯見たドラマで好きなのを挙げろと言われたら、間違いなくこのドラマがナンバーワンです。
わざとらしいセリフも大好きです。何もかもが面白い。
教官役の風間さんと千秋役の堀さんが再会し、当時の撮影の苦労を語り合う動画もお勧めです。

https://www.youtube.com/watch?v=UUSaKXSNTO0

掘さんはドラマ内ではどんくさいけど、お子さんを5人も産み、ご主人の連れ子2人の肝っ玉母さんなんですよね~。驚きです。

伯母さまとご家族の皆様が今年一年お元気で過ごされますようお祈りしています。
今年もよろしくお願いいたします!
ponko310
2018年01月17日 19:20
ひろみさん
明けましておめでとう。
あらま、せっかくできたウィーン少仲間なのに、今年はコンサートに行けないなんて悔しいな。
お友達の熱を冷まさないためにもウィーン少のレコード(古い!)を聞いたり、あなたの思い出話をしながらお茶を飲んで楽しいひと時を作って下さいな。
来年まで頑張って是非一緒にコンサートに行ってください。
でもね、そのお友達の方、一度こちらに来るとまた来たくなると思いますよ、ウフフ。
ponko310
2018年01月17日 20:21
ねぎちゃん
なんだ、びっくりの気持ち玉はあなただったのね。
ず~っと「何におどろいたのかなぁ」って考えていたの。
これで意味が解って気が楽になったわ。
温かい新年のご挨拶をありがとう。
お互いにキャッキャと楽しい年になることを願いましょうね。
ところがね、このところ急にドバっと皺が増えてね、年下のナイトたちからのラヴコールにはもうただ気が重いだけなんじゃわいな、ウッキョッキョ。
=はい、今年の初夢でした=皺だけ現実。

スチュワーデス物語を見て、彼女たちの苦労には頭が下がったのよ。
もちろんあれがすべて現実とは思わないけれど、いろいろ覚えることがあってすごいと思ったわ。
昔ファンにも美人のスチュワーデスの方がいて人気な団員の取り合いしてたって。
みんなは他のファンには絶対に勝ち目が無いと思っていたけれど、人の思いはそれぞれで、他の美しい娘が選ばれた。
なんか、ファンのお話って悲しくてロマンテックでキュンな思い出がいっぱいありそう。
今、日本ドラマにはまっていて、俳優を覚えるのに苦労しているわ。
目下、まとめているんだけど。

殺人事件のお話で鬱を克服できるのはねぎちゃんの能力?
でも私もうつうつとしていた時に、よくスリラーを見ていたなぁ。
どうなっちゃってるんだろね。
つまり、好きなものを見て心の健康に繋がる気分転換になればそれが一番の方法なのよね。
私の人生の最大の気分転換に手を貸してくれたのはウィーン少年合唱団員のルカだったわ。
あの子には一生感謝する。
大人になった彼の幸せな毎日が私には大きな憩いなの。
maa
2018年01月18日 21:08
ponko様
jokuさんからのお知らせに感謝。私もウィーン少のミサ・ブレヴィスを聴くことができました。PCに録音ソフトが入っていたので、この素晴らしい演奏を録音しましたよ。ミサ曲で大人の歌手と一緒に歌うソプラノやアルトは本当に素敵だと思います。どこのコアが歌ったのか気になり、WSKに質問しています。さて、返事が来ますかね?

ponkoさんの母上は90歳を過ぎていらっしゃるんですね。お元気でいらっしゃるんですよね。私の母は大正15年生まれでした。今ごろは虹の橋で犬と遊んでいるわ。ショパンを聴きながら居眠りしているかもしれない。
私たちの親世代は戦争で苦労しました。そして戦後、今の日本の基礎を築いた世代です。NHKの「プロジェクトX」をご御存知ですか?私はこの番組が大好きでした。父と同じような立場の人たちの足跡を、この番組で感じました。特にミスターVHSの回は涙なしでは見られなったです。
ponkoさんのお母様が今年もお元気でいらっしゃるといいなと思います。中原淳一の雑誌なんかお好きだったのかしら? 乙女の心を忘れなければ、私たちもずっと元気でいられるかしら? ふふふ、ずっと元気でいようね。
ponko310
2018年01月18日 22:50
いよ~、maaさん
せっかくのホーフブルクからの実況放送が、たった1日で消される前に録音できたなんて、これこそjokuさんが此処にリンクを送ってくれた甲斐がありました。
それに、見逃さないで録音ができたのも運が付いてたのね。
ね、ソロのアルトもソプラノも素敵でしょ。
私なんて、神聖な白い聖衣服のコルスの男性的な歌声にもゾクゾクしちゃう。
どのクラスが歌ったのか、どうかアウガルテンから知らせが来ますように。

プロジェクトXの名前は聞いたことがあるような無いような。
もしYouTubeで見られるなら調べてみますね。

私の母はじっとしているのが嫌いでまだ手先の仕事をしているんですよ。
運が良ければ今年もまた電話のおしゃべりで母と大笑いが出来ることを願っています。
でも私たちオールドは大丈夫よ。
あの素敵なボーイソプラノの歌声に恋愛し続けているものね。
yuka
2018年01月18日 23:41
姐さま
日本人でオーストリア伯爵夫人となった「クーデンホーフ光子」がNHKで放送されました。
興味があり見逃した方は来週24日(水)BSプレミアムで18時~再放送されますのでお知らせさせてください。
http://www4.nhk.or.jp/profiler/x/2018-01-24/10/12290/2285512/
maa
2018年01月19日 08:04
ponko様
アウガルテンからご返事頂きました。歌っているのは、ハイドンコアだそうです。この歌声が日本にやって来るんですね。
ponko310
2018年01月19日 08:28
yukaさん
インフォメーションをありがとう。
でもわたしゃ見れないんだからね。
豪華な食事の写真だけもらった感じ。
でもいつかYouTubeで見れますように。
ponko310
2018年01月19日 08:36
maaさん
アウガルテンからのお返事が嬉しいね。
早速本文の追記に加入しておきました。
まだいくつか録音した合唱の部分があるんだけれど、余計な画面が写っちゃって載せられんわ。
ま、でも、来年になればこの美しい歌声が日本で聞けるんだからこんなブログに下手な録音を残すこともないわい。
maa
2018年01月19日 21:31
ponkoさん。ハイドンが来るのは今年です! 4月の下旬ですよ。あと3か月だわ。
ponko310
2018年01月20日 01:20
maaさん
てへへ、年が変わってたの忘れてた。
あと3か月の間にソプラノとアルトのソリストが変声しないといいね。
さっき67年組の来日前のリストを見ていたら、フェリックスという少年が来ていなかったの。
その代りにアルトのココが来たんだわ。
あと3か月したら誰がミサであのソロを歌ったかわかるのね。
はっぴー
2018年01月22日 15:48
>お年を召して少しぐらい太っても絶対に魅力的なままだと思うわ。
(^▽^* Ξ *^▽^) イエイエ♪
いつかお会いした時にガッカリしないよう祈ってます。(笑)

そうそう、WSKの回想録をまとめてみました。
72年組というよりも私がハマった67~72年組について書いてみました。特に団員の方との交流もなくショボイ記述になってしまいましたが、よかったら覗きに来てください。
https://ameblo.jp/happiness127/?frm_id=v.mypage-ameblo--myblog--blog
ponko310
2018年01月22日 18:34
はっぴーさん
わぁ~、嬉しい!!!
行きます、行きます。
これからジェット機で一直線!!