212 ウィーン少年合唱団のリモート合唱

今から75年前に第二次世界単線がヨーロッパで終了しました。
ナチス崩壊の日を記念した番組がオーストリアでもあるとウィーンの友人から知らせがあって、そのリンクを此処に載せます。
いつまで見られるか判らないけれど、機会を逃しませんように。
この29.51 51 分からウィーン少年合唱団のオンラインで歌っているアベマリアが聞けます。
https://tvthek.orf.at/profile/75-Jahrestag-der-Befreiung-Oesterreichs-vom-Nationalsozialismus/13891679/75-Jahrestag-der-Befreiung-Oesterreichs-vom-Nationalsozialismus-und-des-Endes-des-2-Weltkrieges/14051093
去年見た顔がちょっと成長していました。

2020年5月24日
今日見たらORFのリンクでは見れなくなっていたので、改めてYouTubeの動画を張り付けておきます。

ファン友のmaaさんのお話ではレーダーホーゼの少年はこの子なのかなぁ。
P1130114.JPG小さな坊やだったのに、1年も経つとすっかり少年らしさが増して、もう私には見分けがつきません。

2020年5月27日
久しぶりに2016年の記事を開けたら、こんなリンクがありました。
https://v.youku.com/v_show/id_XMzA2OTY3Mzcy.html#paction
2006年の来日組の遠足の動画ですね。
消されていると思ったけれど、まだ残っていました。
この動画を見て2006年のWSKもみんなお行儀が良くて、2列に並んで歩いていますね。
しかし30日で32回の演奏会なんて、ずいぶんひどいスケジュールじゃないですか。
びっくりしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ryo
2020年05月09日 01:11
ponko様
リンクを貼っていただいて、ありがとうございます。第2次世界大戦が終わって、もう75年経つのですね?日本はさらに8月15日まで大戦の終結を待たなければなりません。ドイツ語がわからないので、ORFの番組は歴史的な映像と、ウィーンフィルの演奏とウィーン少年合唱団の歌っているのを見ました。ウィーンフィルのダニエルさんがマスクをして演奏しているのを見ると、過去の戦禍を顧みつつ、今またコロナウィルスの恐怖と闘っていることを実感しますね?2019年に来日した子たちが本当に成長していました。彼らが思う存分歌えるような日々が1日も早く訪れますように。
Yuichann
2020年05月09日 12:31
Ponko さん
昨日の夜見ました。wskも遂に⋯。時代の流れですね!1人ひとりがよく分かり、成長の姿が見られて良かったです。コロナは悪い事ばかりでは無いと思ったりしました。でも怖い!
ダニエルさん達はマスク姿で演奏⋯ご苦労様です。75年前の5月、ヨーロッパでは戦争が終わったのですね。日本はそれか3ヶ月後⋯。あの映像を見ると瓦礫の街ウィーンですね。今は全世界、コロナウイルスとの戦い。いつ終息するのでしょう?
ponko310
2020年05月09日 17:29
ryoさん
バカな奴らが理性を失って起こす戦争はもう二度と起きるべきじゃないですね。
動画はドイツ語が判ればもっと興味が湧くかもしれませんね。
ダニエルさんのマスク姿がコロナの現実です。
今年の初めまで、誰がヨーロッパ人のマスク姿なんて想像したでしょうね。
これからはこちらでもハグやキスの挨拶の代わりに日本式のお辞儀になるかもしれませんよ。
ウィーン少が来日しても64年組のように遠くから眺めるだけになるのかなぁ~。
ponko310
2020年05月09日 17:38
Yuichannさん
この動画もそうですが、中国に青空が戻ったり、ベネチアの運河が澄んで来たり変な意味でコロナの長所があちこちで見つかりますね。
それにしても早く去年のような日常がまた戻って来てほしいです。
老人ホームのお年寄り達がどんなに自分の子供や孫に再会できる日を待っていたかを知るとコロナの残酷さに強い怒りを感じます。
nene
2020年05月13日 04:17
ごめんなさい。Schöne Feiertagって言ったけど祝日はベルリンだけでしたね。後で気づきました。
子供たちは自宅でオンラインで歌っているのでしょうか?海外の子は海外の実家に帰れたのでしょうか?
ponko310
2020年05月13日 18:36
neneさん
私はもう年金生活者なので毎日が休暇みたいなものです。
この日は家の前の雑草取りをしていたら、ベルリンに仕事に行っているハンサムな隣人から、通りすがりに「今日は祝日ですよ。」と言われました。
その後彼は自分がブランデンブルク州に住んでいる事に気が付いて、ルカが羽田空港で見せたような照れくさそうな愛らしい笑いを見せてくれたので、私は少しの間、幸せ気分を味わったのでありまする。
nene
2020年05月15日 02:50
あら~。良かったですね~。幸せホルモンが健康の秘訣ですね。
ponko310
2020年05月15日 17:18
neneさん
そう、目の前にある小さな幸せを見つける癖を付けましょう。
人の事には気を使っても、自分に関することなど深く真面目に考え過ぎない方が体に良いですよ。
と言っても病気には掛からないように健康には気を付けて下さいね。
あ、そうだ、暇つぶしに帯状疱疹に掛かった事でも書くことにするか。

maa
2020年05月16日 03:59
ponkoさま、お元気ですか?
この秋には、ブルックナーコアが日本に来ることになりました。
この動画のアベマリアを、また日本で聴けます。
コロナが去らなければ何も始まらないけれど、きっと叶うと信じなければね。
ponko310
2020年05月16日 17:21
maaさん
シューコアじゃなくてブルックナーコアですか?
彼らは去年来日しましたよね。
順番はどうなっているのかしら。
ま、ファンの方達にはこのアベマリアが聞けるのは嬉しい事でしょうね。
しかし、まずはコロナの危険が去ってくれるように願っています。
今までの様な少年達との楽しい交流が出来なくなるのはちょっと寂しいけど。

maa
2020年05月24日 23:57
ponkoさま
私は飽きもせずに毎日YouTubeでこの動画を見ています。少し編集しなおしてWSK公式からもアップされました。
きっと覚えていないと思うけど、一人レーダーホーゼを着ている子がいます。彼はウィーンの空港で会ったブルコアのメンバーで、ponkoさんもお話しましたよ。
昔の子たちは半ズボンのレーダーホーゼを私服でよく来ていましたね。最近は外国籍の子も多いから民族衣装はめずらしい。この子はきっとオーストリア出身なんですね。
コンサートでは動物の鳴きまねで歌う曲があり、彼はミャウミャウ鳴いて受けていました。秋のツアーが実現したら、また日本に来るでしょう。
ponko310
2020年05月25日 02:35
maaさん
あら、今見たらもうORFでは見れなくなっていましたね。
YouTubeで見つけて張り直しておきます。
maaさんの言う猫の鳴きまねをした子の写真を此処にまた載せましたが、それがレーダーホーゼの少年なら、もう全然わからないくらい成長しましたね。
秋にはこのコーラスが日本で聞けるように祈っています。
maa
2020年05月25日 20:04
ponkoさま
ナタナエル君の写真をありがとう。
そうです。彼がレーダーホーゼをかっこよく着こなしている少年です。一年たつと見違えますね。
ponko310
2020年05月25日 23:08
maaさん
きゃはは、1年どころか、50年経つと全く別人になってしまうと思いません?
もう絶対に分からない元団員達がほとんだもの。
Yuichann
2020年05月26日 19:54
Ponko さん
ナタナエル君、来日時10歳?可愛い子でしたがレーダーホーゼ姿はお兄さんですね。来日が楽しみです⋯。
R君30年後の姿を見てちょっと⋯15〜16歳までですね?
半世紀過ぎると別人に⋯大好きな64年組もwsk時代の写真と見比べないともう分からなくなりました。私の目と頭が衰えて来ているのかも知れませんが⋯。

ponko310
2020年05月27日 02:27
Yuichannさん
そう、15~6歳までが・・・18歳ぐらいまでかな、団員時代と結びついている顔は・・・。
R君と言う団員が誰か判るのは私だけ?
30年後の彼は無精ひげがいっぱい。
あんなに可愛い女の子だったのにね。
今の元64年組はWSK時代の写真と見比べてもわかりませ~~~ん。
Yuichann
2020年05月27日 17:27
Ponko さん
まだドイツは、「おはようございます😃」ですね。
そうですね!Ponkoさんだけかも知れません!可愛い子でしたね⋯。
友人は今のSchallingの顔でもわかるそうです。ウィーンの街ですれ違っても私は、わかりません。きっと昔、ウィーンの街ですれ違っていたかも知れません⋯?

ponko310
2020年05月27日 19:20
Yuichannさん
そのお友達の方は、エーリヒ君の成長ぶりをお母さまのように見て来た方なのではないでしょうか。
私は40年以上も会わなかった元団員に突然会っても分からないですよ。
実の息子でも子供の時と比べたら全然わかりませ~~~ん。
でも中身には昔の思い出がいっぱい詰まっているのでいつもびっくり箱の元団員達ですね。
越後の雪椿
2020年05月27日 20:24
ponko様
今頃コロナが無ければ私と娘はウィーンに向け出発していたはず。
そして29日には憧れのアウガルテンでのウィーン少年合唱団のコンサートを堪能していたはず。一番いい席二人で23000円程支払ったのに・・・あの代金どうなったかなあ・・返金されなくてもいい!
コンサートツアーも中止になりかなりの収入減になっているはずだから寄付したものと思うことにしてます(笑)
ponko310
2020年05月28日 02:38
越後の雪椿さん
とうとう予定の出発日になってしまいましたね。
本当にコロナには迷惑の掛けられっぱなしです。
せっかく旅行のお話が聞けると楽しみにしていましたが、だめになってしまいました。
アウガルテンの演奏会のチケットは中止になった今、何も問い合わせをしていないのですか?
一度聞いてみてはいかがでしょうか。
ウィーンもWSKも存在しているのですから、次のチャンスを掴んでくださいな。

Yuichann
2020年05月28日 09:53
Ponko さん
V6の「学校へ行こう」を十数年ぶりに見られるなんて⋯懐かしいです。ありがとうございます!
流石、お行儀が良いですね!おやつを食べていても上品。井ノ原君のコメントにも乗ってくれて⋯良い子達ですね!(気を使ってくれて)学校へ行こうは結構見ていましたが、まさかウィーン少年合唱団が出るとは思いませんでした。合唱団側も良くOkを出しましたね⋯?(ハードなスケジュール)彼らのバスの中、楽しそう?乗ってみたいです⋯?


ek
2020年05月28日 13:29
越後の雪椿様

長年の計画 夢がこんな理由により中止せざるを得ないなんて残念でしかたがありません。
5月のウィーンは本当に素敵でした。きっと雪椿さんも素晴らしい思い出を持ち帰られる事と願い、想像しておりました。 
いろいろ想像して、その日を待ち侘びていらした雪椿さんのお気持ちは計り知れません。
何に怒りをぶつけたら良いのか?
でも、きっとまたチャンスはあるとどうぞ新たな計画に心を向けてくださいね。
でも、せっかくご自分の席を確保していた演奏会のチケット料金に関してはなんとかならないものかな〜と内心思ってしまいます。
雪椿さんのおっしゃる気持ちは解らないでもないのですが… 様々な事に困窮している今の時代、何が最善なんでしょうね?
ponko310
2020年05月28日 17:56
Yuichannさん
私もこの動画を見て、本当に素直で愛らしい少年達だな、と思いました。
ところで2018年の6月にWSKとドレスデンクロイツが初めて共演したのを知っていましたよね。
こんな著名な少年合唱団のカトリックとプロテスタントの共演とは珍しいと思いました。
友人がクロイツの団員と親しいのですが、WSKはとても礼儀正しくて近寄り難かったそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=MesFqalRLk4&feature=share&fbclid=IwAR0xkhgt3wTdMaZ_lPBHzbrA3r-Bk7ghWyRXxnPLpCnKynKg6OO5GDx_5Ng
この動画のクロイツのアンスガー君は私も知っていますが、モーコアのヤコブ君にカッペを借りて嬉しそうに被っている写真を見ました。
WSKのカッペはファンなら誰でも一度は被ってみたいのですね。
先日、この動画を初めて見た時、ゴドイ先生を見つけて、共演したのがモーコアと知ってびっくりしました。
もし6月にドレスデンに行っていたら、その冬のベルリンでの再会がどんなふうになっていたか楽しく想像してしまいました。
想像の中ではいつでも自分の都合のよい方向に持っていけますからね。
実際にはゴドイ先生には会っていないのですが、一緒に一心のお寿司まで食べる場面まで頭に浮かべましたぁ~。
いい気なものです。
越後の雪椿
2020年05月29日 04:58
ponko様、ek様
 チケットの件ですが長い事英語を使う機会がなく元々英語力が脆弱だった私の英語力はほぼゼロに等しくなり、問い合わは無理です。
 元来お金に固執知るタイプではなく、仕事もコロナには全く影響はなく例年通りの忙しい毎日を送ってます。チケット代返金してほしい!とは思っておらずWSKが役立てていただければそれでOKです。

ponko310
2020年05月29日 06:05
越後の雪椿さん
そんなに高い料金を払っているのなら、合唱団の方でも何らかの処置をしていると思いますし、5月29日のムートでのWSKのコンサートはキャンセルになっていますよ。
それにしても越後の雪椿さんのおおらかなお心にほんわかな気持ちです。
ウィーンに行くのを諦めないで下さいね。

ek
2020年05月29日 13:52
越後の雪椿様

様々な事がクラウドファンディングによりなされている現在。幾つかの合唱団がこの方法により来日して、私達も聴く機会をいただいています。今回の雪椿さんのチケット代もそうした組織の一環となさったと考えたら納得することが出来ますね。WSKも組織が変わり、経営に於いても大変な事が多いようですものね。

yuka
2020年06月10日 21:59
姐さま
こんばんは
先日、ウィーンフィルがコンサートを再開しました。
それまでの道のりを、フロシャウアー団長に取材した記事がありましたので、よかったらご覧くださいませ(*^_^*)

https://ontomo-mag.com/article/report/wien-phil-20200605/
ponko310
2020年06月11日 01:37
yukaさん
リンクをありがとう。
ドイツでも少しニュースでやっていました。
でも日本語でこんなに詳しく見れるとは思っていませんでした。
国から援助金が出ないWSKも維持費に危機が来ていますし、本当にコロナは私達に大きな迷惑をもたらしていますね。
WSKもウィーンフィルもこれが原因で無くなってしまうと言う事は無いと思いますが、早くワクチンが見つかって世界中が以前の生活に戻ってくれないかと、綱渡りの気分です。